自衛隊を知りたい

災害派遣

関東・東北豪雨に係る災害派遣について

要請日時 平成27年9月10日(木)09時05分
要請の概要 孤立者の救助、ボートによる避難支援、土嚢による水防活動、給水支援、入浴支援及び防疫活動
発生場所 茨城県常総市及び結城市
撤収日時 平成27年9月19日(土)22時00分

自衛隊の対応

陸上自衛隊

施設学校(勝田) 第1施設団(古河) 自衛隊茨城地方協力本部 東部方面航空隊(立川) 第12ヘリコプター隊(相馬原、北宇都宮)      第1空挺団(習志野) 第1師団司令部(練馬) 第12旅団司令部(相馬原) 第1施設大隊(朝霞) 第1偵察隊(練馬)   武器学校(土浦) 第1飛行隊(立川)  航空学校(明野、霞ヶ浦、宇都宮) 第1ヘリコプター団(木更津)    第1普通科連隊(練馬) 第32普通科連隊(大宮) 第34普通科連隊(板妻) 第1特科隊(北富士) 第1戦車大隊(駒門)    第1通信大隊(練馬) 第1後方支援連隊(練馬) 第1特殊武器防護隊(練馬) 第4施設群(座間)   第31普通科連隊(武山) 第1高射特科大隊(駒門)他

海上自衛隊

第21航空群(館山) 第51航空隊(厚木)

航空自衛隊

百里救難隊・偵察航空隊(百里) 浜松救難隊(浜松)

派遣規模

【平成27年9月19日】
人員(現地活動従事者):約475名(延べ約7535名)
車 両:約165両(延べ約2150両)
ボート:約0隻(延べ約180隻)
航空機:1機(延べ105機)
その他:LO人員約15名、LO車両約5両(LO人員延べ約235名、LO車両延べ約85両)

自衛隊による救助実績(10日~19日)

部隊名 救助者数
ボートによる救助 施設学校 小計1292名
第1施設団
第1施設大隊
第1普通科連隊
第32普通科連隊
第1偵察隊
第1空挺団
航空機による救助 第1飛行隊 96名 小計723名
第12ヘリコプター隊 55名
東部方面航空隊 174名
航空学校 166名
第1ヘリコプター団 30名
第21航空群及び第51航空隊 61名
百里救難隊及び浜松救難隊 141名
合計 2015名

県内所在所在駐屯地部隊の活躍

勝田駐屯地 施設教導隊

ボートによる救助活動(12日)

特殊車両による救助活動(12日)

特殊車両による救助活動(12日)

古河駐屯地 第1施設団

ボートでの救出活動(11日)

油圧ショベルによる決壊河川修復活動(15日)

油圧ショベルによる決壊現場の修復(16日)

活動の様子

空からの救助

陸上での救助・捜索

指揮幕僚活動

民生支援

 

任務の合間~隊員の素顔~

 

「現場」

復旧

解隊式

ページトップへ