自衛官になりたい

防衛大学校1年生が知事へ帰郷報告

8月18日(火)帰郷広報として茨城県の高校を卒業して今春、防衛大学校へ入学した一年生三名が県庁に橋本知事を表敬訪問しました。
今回、本県出身の一年生十七人のうち夏季休暇による帰郷中の田村学生、鈴木学生、太田学生が訪問し、四月から始まった授業や寮生活、部活動の様子など近況を報告しました。
知事からは、一年生に対し入学して四ヵ月の感想はとの質問に、「新しいことばかりでついて行くのに必死でした。茨城に帰ってきて、ほっとしているところです。」「たくさんのことがあったので、乗り切るだけで大変でした。」「辞めずに踏みとどまり、ここまでこれたことは自信がついた。」と答えていました。
他にも学校生活や休日の過ごし方などについて質問され、最後に知事から「ぜひ頑張ってください。」と激励の言葉をいただきました。

ページトップへ