自衛隊兵庫地方協力本部

防衛省・自衛隊
予備自衛官等制度

即応予備自衛官制度

即応予備自衛官制度とは、普段はそれぞれの職業に就き、必要とされる練度を確保するため年間30日間の招集訓練に従事し、いざという場合は自衛官となります。


即応予備自衛官の任務は?

防衛出動、治安出動、災害派遣、地震防災派遣を実施する場合に常備自衛官が対応不十分な場合に部隊として活動します。


即応予備自衛官の人事制度及び応募資格は?

即応予備自衛官の身分は、非常勤の自衛隊員(非常勤の特別職国家公務員)です。
ただし、防衛招集命令、治安招集命令及び災害等招集命令により招集された場合、出頭した日をもって自衛官となります。

応募資格
対象者 自衛官として1年以上の勤務経験がある者で、次のいずれかに該当すること。
  • 陸上自衛官退職後、1年未満
  • 陸上自衛隊の予備自衛官※
階級 自衛官を退職したとき、又は予備自衛官を退職したとき指定されていた階級か2尉以下
年齢 1曹以上:51歳未満
3曹・2曹:50歳未満
士長以下:32歳未満
採用
自衛官であった者の志願に基づき、選考により採用
任用期間
1任期:3年(継続任用可能)

※海上自衛官又は航空自衛官退職後に陸上自衛隊の予備自衛官に採用されている方で、特定の知識、技能等を有している場合は採用の対象となります。詳しくは、お近くの自衛隊地方協力本部までお問い合わせ下さい。


即応予備自衛官の処遇等は?

即応予備自衛官の手当は、即応予備自衛官手当、訓練招集手当、勤続報奨金があり、年間の総額は、平均して約600,000円程度になります。

訓練召集手当て 訓練招集に応じると...
日額:14,200円(2尉)~10,400円(1士)
即応予備自衛官手当 即応予備自衛官として...
月額:16,000円
勤続報奨金 1任期良好な成績で勤務すると...
1任期:120,000円

なお、階級ごとの訓練手当は、次のとおりです。

2尉:14,200円 曹長:13,200円 3曹:11,300円
3尉:13,700円 1曹:13,200円 士長:10,400円
准尉:13,200円 2曹:12,600円 1士:10,400円

その他旅費等について(予備自衛官と同様)

訓練招集旅費 訓練招集出頭のための往復旅費が支給されます。
被服及び食事 訓練招集期間中に必要な被服等は、貸与され、食事も支給されます。
災害補償 訓練招集期間中公務に起因する傷病、障害又は死亡の場合の災害補償は、自衛官と同様に実施されます。

企業等に対しての支給は?即応予備自衛官雇用企業支給金って?

即応予備自衛官が安んじて訓練招集等に出頭できるようにするために、即応予備自衛官を雇用し訓練出頭等のために所要の借置を講じた企業に対して即応予備自衛官雇用企業給付金を支給します。
(即応予備自衛官1人当たり月額42,500円(年額510,000円))

TOP