自衛隊兵庫地方協力本部

防衛省・自衛隊
予備自衛官等制度

わが国を防衛するための予備自衛官等制度

~仕事や学業を続けながら社会に貢献~



予備自衛官等制度

詳しくはこちら>>>(陸上自衛隊サイト)

 多くの国では、普段から、いざという時に必要となる防衛力を急速かつ計画的に確保するため予備役制度を整備しています。

 わが国においては、これに相当するものとして、

「即応予備自衛官制度」、

「予備自衛官制度」、

「予備自衛官補制度」、

という3つの制度を設けています。
 皆様の深いご理解・ご協力をいただきながら、将来を見据え、予備自衛官等制度の改善を図り、国民の皆様の期待と信頼に応えて参ります。

予備自衛官等の特徴

 普段は社会人や学生としてそれぞれの職業に従事しながら、一方では自衛官として必要とされる練度を維持するために訓練に応じるものです。そして、予備自衛官と即応予備自衛官は、防衛招集や災害招集などに応じて出頭し、自衛官として活動します。

なぜ、予備自衛官が必要なのでしょうか

 国家の緊急事態に当たっては、大きな防衛力が必要です。しかし、その防衛力を日頃から保持することは効率的ではありません。
 このため、普段は、必要最小限の防衛力で対応し、いざという時に急速に人員を集めることができる予備の防衛力が必要となります。

予備自衛官等のキャリアパス(自衛官未経験者)

予備自衛官補とは

詳しくはこちら>>>(陸上自衛隊サイト)

 自衛官未経験者を予備自衛官補(一般・技能)として採用し、所要の教育訓練を経た後、予備自衛官として任用する制度です。
 予備自衛官としての資質を養うとともに、予備自衛官として必要な基礎的知識及び技能を修得するための教育訓練に参加します。

ポイント

◆ 予備自衛官補の期間中は、教育訓練に応じる義務のみを有します。防衛招集、国民保護等招集及び災害招集への応招義務は有りません。

◆ 一般(駐屯地の警備要員や補給などの後方支援等の任務にあたる予備自衛官になるコースです。)と 技能(医療従事者、語学要員等の専門分野における任務にあたる予備自衛官になるコースです。)があります。

◆ 教育訓練のすべてを修了すると、予備自衛官に任用され、階級(一般:2等陸士、技能:2等陸佐~3等陸曹)が指定されます。

処遇等

●教育訓練招集手当
 日額:8,200円

●招集旅費・被服及び食事
 教育訓練参加のための往復旅費や食事が支給され、教育訓練招集期間中は必要な被服等を貸与いたします。

教育訓練

 予備自衛官補の教育訓練は、一般は3年以内に50日間(5日間の訓練を10回)、技能は2年以内に10日間(5日間の訓練を2回)の教育訓練を基本として行っています。

予備自衛官とは

詳しくはこちら>>>(陸上自衛隊サイト)

 予備自衛官は、普段はそれぞれの職業に従事しながら 、訓練招集命令により出頭し、予備自衛官として必要な知識・技能を維持するため訓練に参加します。
 招集命令を受けた場合には、第一線の部隊が出動した後の駐屯地の警備や後方支援等の任務に就きます。

処遇等

●予備自衛官手当
 月額:4,000円

●訓練招集手当
 日額:8,100円

●招集旅費・被服及び食事  教育訓練参加のための往復旅費や食事が支給され、教育訓練招集期間中は必要な被服等を貸与いたします。

招集訓練

 予備自衛官の招集訓練は、年間5日間の訓練を基本として行っています。

即応予備自衛官とは

詳しくはこちら>>>(陸上自衛隊サイト)

 即応予備自衛官は、防衛力の基本的な枠組みの一部として、普段はそれぞれの職業に従事しながら、訓練招集命令により出頭し、即応予備自衛官として必要とされる知識・技能を最底限確保するため、訓練に参加します。
 招集命令を受けた場合には、第一線部隊等の一員として、現職自衛官とともに任務に就きます。

処遇等

●即応予備自衛官の処遇
 年間総額 平均約50万~60万円

●即応予備自衛官手当
 月額:16,000円

●訓練招集手当
 日額:14,200円(2尉)~ 10,400円(1士)
各階級に応じて手当が支給されます。

●勤続報奨金
 1任期:120,000円
 1任期(3年)良好な成績で勤務した場合には、報奨金が支給されます。

●招集旅費・被服及び食事
 教育訓練参加のための往復旅費や食事が支給され、教育訓練招集期間中は必要な被服等を貸与いたします。

招集訓練

 即応予備自衛官の招集訓練は、年間30日間(2日間~4日間程度の訓練を複数回)の訓練を基本として行っています。

TOP