自衛隊を知りたい

福島地本TOPICS ・22年上半期(1月〜6月)

 ●23年下半期(7月〜12月) ●23年上半期(1月〜6月)  ●22年下半期  ●22年上半期

「音楽を通じ自衛隊に対する関心と理解を深める」
 平成22年6月13日(日) 会津若松市自衛隊音楽祭
開演前から長蛇の列 音楽会時の様子 迫力の演奏で観客を魅了!
 会津若松市「会津風雅堂」において実施された、会津若松市自衛隊音楽祭実行委員会主催による「会津若松市ふれあいコンサートin会津」を支援した。音楽祭は、今年で13回を迎え、陸上自衛隊東北方面音楽隊の迫力の演奏で聴衆を魅了した。会場には1300人を超える聴衆が訪れ、勇壮な吹奏楽の調べを楽しんでいた。誰もが楽しめる音楽を通じて、国民と自衛隊が接することができる音楽祭は、更なる自衛隊に対する関心と理解を深める場となった。


「しらせ」が採取した南極の氷に驚き!!」
 平成22年6月2日(水)・3日(木) 南極の氷贈呈
郡山市ふれあい科学館 氷と触れ合う児童たち! アクアマリンふくしま
 第4代海上自衛隊砕氷艦「しらせ」が初めての南極航海で採取、4月に持ち帰った氷を郡山市「郡山市ふれあい科学館」及び、いわき市小名浜の「アクアマリンふくしま」に地球環境に関する展示に生かしてもらう目的をもって贈った。参加した本部長、広報室長は「地球温暖化や南極について考えるきっかけにしてもらいたい。」とあいさつした。両館に訪れていた児童たちは、「パチパチと空気の音がして驚いた。」などと興味深く南極の氷を観察していた。


東北最大級の名車の祭典で自衛隊をPR!
 平成22年5月30日(日) 西会津ふるさと「なつかしCarショー」
東北最大級のCarショー 自衛隊の装備品も展示 迷彩服試着コーナーも大人気!
 西会津町さゆり公園で開催された「第7回西会津ふるさとなつかしCarショー」において、自衛隊への理解を深めてもらう目的を持って広報ブースを展開した。このイベントには、福島駐屯地から軽装甲機動車(LAV)、郡山駐屯地から82式指揮通信車(CCV)が装備品展示され、ショーに花を飾った。地本広報ブースでは、災害派遣等パネル展示、子供用迷彩服の等が行われ地域住民との密着及び自衛隊への理解を深めた。当日は天候にも恵まれ県内外からカーマニアや家族連れ約1万2000人が訪れ東北最大級の名車の祭典は大盛況に終わった。


志願者確保の基盤醸成に向けて
 平成22年5月11日(火)・13日(木) 自衛官等募集説明会
募集説明時の様子 各学校出身隊員との懇談 教育施設の見学
 郡山・福島両駐屯地において、県内の高校進路指導等担当教諭を対象に、適質な志願者を確保する基盤の醸成を目的とした自衛官等募集説明会を実施した。県内約60校が参加した説明会は、教育隊の見学、ハイスクールリクルーター(出身校に対する広報実施隊員)の紹介、自衛官等募集の概要説明及び活発な意見交換が行われた。各学校出身の新隊員等との懇談もあり、入隊し頼もしくなった卒業生と懐かしい話に花を咲かせながら、各参加者は自衛隊への関心を深めていた。


会津若松市のメインストリートに新たな掲示板を設置!
 平成22年4月8日(木) 自衛官募集掲示板設置式(会津若松市自衛官募集看板設置式)
会津若松市「市役所通り」 自衛官募集ポスターを掲示 掲示板の前で記念写真
 会津若松市が実施した自衛官募集の設置式に参加した。掲示板は、同市が昨年度、県から自衛官募集事務重点市町村の指定を受けたことから設置したものであり、同市としては初めて。今後、自衛官募集のほか、各種自衛隊イベントのPRなどにも使用する。
 設置式には菅家市長、募集相談員会津方部会長佐藤氏が参加され、「市役所通り」と呼ばれる市役所前のメインストリートに設置された掲示板に、早速自衛官募集ポスターが掲示された。
 募集課長は「往来の多い通りという立地条件に優れた場所に設置していただき、自衛官等募集はもとより、「防衛省・自衛隊」にも大いに効果が期待できる。」と今後の広報効果への期待をみせた。


入隊予定者説明会を開催!
 平成22年2月11日(木)・14日(日) 入隊予定者説明会
説明会時の様子 先輩隊員との懇談 陸・海・空の先輩隊員が集合!
 今春、自衛隊に入隊する予定者と保護者が入隊説明会のため福島駐屯地及び郡山駐屯地に訪れた。参加者はそれぞれ陸海空自衛隊ごとに分かれて入隊後の生活や教育内容に関する説明、現役自衛官との懇談、制服の試着及び福島と郡山各駐屯地の装備品の見学などを行った。
 参加者からは「入隊に関する不安が解消できて安心できました。」と感想を述べていた。


                                  TOPへ