本文へスキップ

自衛隊旭川地方協力本部

電話でのお問い合わせはTEL.0166-51-6060

〒070-0902 北海道旭川市春光町国有無番地

「総合的な学習の時間」について

■「総合的な学習の時間」を利用した職場体験

 自衛隊旭川地方協力本部では、「総合的な学習の時間」を活用した自衛隊職場体験の窓口として、学生達が「自ら学び、考え、感じる」学習ができるよう、積極的な支援をさせていただきます。
 「総合的な学習の時間:を受け入れることができるのは、旭川、名寄、遠軽、留萌、上富良野の各駐屯地及び稚内分屯基地です。
 「平和を、仕事にする。」その誇りを胸に日本の防衛、人命救助や復興に尽力しさらには国際貢献や様々な災害派遣等で活躍した自衛官と交流し、装備品等を見学 します。
 「態度・思考性」「探求力」「主体性」「社会性」「勤労・職業観」等を学ぶことができます。
 ここでは、標準的な学習内容について掲載していますが学習内容や見学できる装備・施設等につきましては各駐屯地等ごとに異なります。
 なお、部隊の訓練状況等により、日時や学習内容等に関し、ご希望に添えない場合がありますので、ご了承ください。

項  目 学 習 要 領 内      容 所 要 時 間
(目安)
講義・講習
DVDによる
学習
自衛隊の活動や
日常の訓練・生
活についてDV
D等を利用して
具体的に紹介し
ます。
○私たちの国の防衛(陸・海・空自衛隊)
○国際貢献活動(PKOなど)
○民生協力(災害派遣、冬まつり支援など)
○広報行事(駐屯地の公開、演奏会など)
○自衛官の素顔(自衛官の日常生活の様子)
○自衛官について(自衛官への道しるべ)
○隊員との懇談会(隊員の苦労話や、やりがいなど)

得られるもの:「チーム力」「思考力」「社会貢献」
 各30分
職場研修 駐屯地内の勤務
施設・隊員の訓
練及び勤務状況
や装備品の見学
も行います。
 ○北鎮記念館
 旭川開拓の歴史や戦前の史料による学習
○勤務施設及び勤務状況の見学
 ・医務室
 ・管制塔
 ・ヘリコプター格納庫
 ・整備工場等
○各種装備品等の見学
○訓練見学(駐屯地内で訓練実施時のみ)

得られるもの:「就業体験」
 各1時間
訓練体験 生活に役立つこ
とや人命救助等
の基本的事項に
ついて体験教育
を実施します。
○基本教練
 整列要領や敬礼の動作等、節度ある行動について
学習
○救急救命法
 三角巾を利用した止血法、人工呼吸法、AED(自
動対外式除細動器)の使用法などの人命救助に関する
学習
○通信
 無線器・電話機・手旗信号・モールス信号による送
受信を体験的に学習
○ロープワーキング
 日常生活において知っていると便利なロープの結び
方について学習

得られるもの:「リーダーシップ」「思いやり」
「行動力」
 各2時間
その他の学習 学習の前後を活
用した学習支援
を実施します。
○調整による学習
 生徒による電話での学習調整による対応
 生徒(代表者)の事前訪問による対応
○感想文作成による学習
 感想文の記載 
 

     

■手続きの流れ

 担 当  内      容 時   期 
学  校 ○職場体験受け入れの希望(日時・人数など)について、地本へ電話連絡
 ・連絡先
  自衛隊旭川地方協力本部募集課広報班(0166−56−8481)
  または最寄の地域事務所等 
 1ヶ月前
地  本 ○実施の可否について駐屯地と調整
○実施の可否を学校連絡
○実施不可の場合は、学校と再調整
速やかに 
学  校 ○所定の必要書類(見学申込書、見学者名簿、依頼文章)を地本へ提出 3週間前 
地  本 ○細部学習内容及び実施時程について駐屯地と調整し、結果を学校へ提出 速やかに 
 学  校 ○職場体験の実施 当  日


     
     

自衛隊旭川地方協力本部

〒070-0902
北海道旭川市春光町国有無番地
TEL.0166-51-6060
FAX.0166-51-6055