本文へスキップ

自衛隊旭川地方協力本部

電話でのお問い合わせはTEL.0166-51-6060

〒070-0902 北海道旭川市春光町国有無番地

「平成28年度第4特科群自衛官候補生課程教育」修了式(上富良野) 一人も欠けずに逞しく成長し新たに旅立つ23名

 6月26日(日)、陸上自衛隊上富良野駐屯地において、平成二十八年度第四特科群自衛官候補生課程教育の修了式(教育隊長=4特科群副群長 山本泰男2等陸佐)が行われた。

 富良野地方自衛隊協力会会長(上富良野町長=向山富夫氏)はじめ関係協力諸団体及び父兄等多数参加の中、第四特科群長兼上富良野駐屯地司令 岸良知樹一等陸佐が執行者となり始まった式では、国歌斉唱に続き、小橋駿輝自衛官候補生が代表で修了証書を授与、また成績優秀による報賞状を授与された。次に区隊長の村田良和3等陸尉からそれぞれが配置命令下達を受け、その後小橋自衛官候補生が代表して申告を行った。

岸良駐屯地司令の式辞では「入隊から一人も欠けずに教育を修了し大きな壁を乗り越え達成感に満ちている。引き続き同期の絆を大切にせよ」「基礎動作、特に気迫のこもった申告・敬礼は素晴らしい。今回の教育の成果である」と激励された。また後期教育に向け「目標のあくなき追求」、「感謝の気持ちを忘れるな」の2点を要望された。向山上富良野町長からは「人は苦しみの中からのみ成長する。高い頂の頂上を目指し達成し、その者だけが見られる景色を見ていただきたい」と感銘深い祝辞を贈られた。引き続き隊員食堂で行われた祝賀会食では、父兄に久しぶりに再会した候補生らが、自信に満ち溢れた笑顔で父兄と談話し、和やかな雰囲気の中終了した。

 入隊式から一人も欠けず、本教育の三ヶ月間で同期との深い絆を結んだ二十三名の候補生は、七月一日付でそれぞれの職種、任地において新隊員特技課程教育へ高い頂の頂上を目指して旅立った

 


 



自衛隊旭川地方協力本部

〒070-0902
北海道旭川市春光町国有無番地
TEL.0166-51-6060
FAX.0166-51-6055