文字の大きさ

◆ 予備自衛官補辞令書交付式


 令和2年12月21日(月)自衛隊秋田地方協力本部において予備自衛官補辞令書交付式を実施しました。辞令書は本部長(大久保正広1等空佐)から2名の予備自衛官補に交付しました。

 予備自衛官補は一般と技能(語学、測量士補等)に区分され、一般は3年間で50日間、技能は2年間で10日間の教育訓練を受けた後、予備自衛官に任用され、災害派遣等があった場合国防の任務に就くものです。

 予備自衛官補になるには試験があり毎年4月と10月を基準に実施されます。

 
予備自衛官補教育訓練手当:7,900円/日
 (訓練場所:宮城県多賀城市〔交通費も支給されます。〕)


 

 

 ページの先頭へ戻る