広報室だより

第10師団 募集広報の日に学生ら154名参加

愛知地方協力本部(本部長 福重 毅尚 1等陸佐)は、令和2年10月24日(土)第10師団が主催した守山、春日井及び豊川各駐屯地での、「師団募集広報の日」に高校生、専門学校生、大学生、社会人、募集対象者家族、教諭及び自治体職員計154名を引率した。
第10師団では8月に行われた前回よりさらに趣向を凝らし、内容を充実させて開催した。
守山駐屯地では、参加者を学生、社会人等にグループ分けし、それぞれに応じた研修内容とした。懇談では陸上自衛隊の各職種及び海上・航空のリクルータが対応し、参加者1人1人に合った職種の説明及び質問に答えた。音楽隊とラッパ手による演奏、本部庁舎屋上ヘリポートでの、ローターを回した状態で駐機したヘリへの体験搭乗の他、この日のために今津駐屯地から輸送した戦車での体験搭乗、警務隊による指紋採取、名物「金シャチカレー」の体験喫食と盛りだくさんの内容に参加者は大満足であった。
春日井駐屯地では、偵察隊による迫力満点の訓練展示、桃陣太鼓・駐屯地ラッパ隊による演奏、後方支援連隊、施設大隊による多様な機材・作業車の展示、動作実演に参加者は「今日来てよかった!」「スケールの違いに驚いた!」「自衛隊に入ります!」等の声が聞かれた。体験喫食では、エビマヨをとてもおいしそうに食べていた。
豊川駐屯地の陸自車両による体験試乗は1人一台にするなど参加者に対するソーシャルディスタンスを考慮して行われた。生活隊舎の見学では営内居室や浴場といった入隊後の生活の場を見学し、より具体的にイメージできるように工夫されていた。訓練展示では特科連隊の女性隊員が機敏な動作で115mm榴弾砲を操作し参加者の目を丸くさせるとともに、三河陣太鼓や、ファッションショーなど趣向を凝らした。体験喫食では、ポークソテーきのこソース、マカロニサラダ、ポタージュ、生野菜等味だけでなく栄養のバランスが考えられたメニューに満足していた。
各駐屯地それぞれの特色を存分に発揮し、参加者に大変満足しかつ理解が深まった一日であった。愛知地方協力本部は、今回の参加者の約2倍の隊員をもって盛大かつ充実した募集広報の日を開催した部隊、隊員の期待に応えるべく優秀な人材の確保に努めていく。

シルバーウィーク特別企画~自衛隊をもっと知ろう~マリンフェア

愛知地方協力本部(本部長 福重 毅尚 1等陸佐)は、令和2年9月21日(月)海上自衛隊舞鶴基地において、舞鶴地方総監部が主催するシルバーウィーク特別企画~自衛隊をもっと知ろう~マリンフェアに、募集対象者29名を引率した。
まず、体験航海の曳船に乗船した参加者は、湾内をグルッと一週するとともに碇泊中の護衛艦も一望し、その威容に感動した模様であった。引き続き、砕氷艦「しらせ」の艦内を見学した。「しらせ」では飛行甲板、格納庫、艦橋、観測隊居住区を見学した後、食堂において第61次南極観測隊の航海をまとめたDVDを鑑賞するとともに、最後に「しらせ」をバックに記念撮影を実施すると、参加者は非常に満足した様子であった。その後、場所を舞鶴教育隊に移し、入隊から4カ月間の一連の訓練の概要について説明を受けるとともに、実際に居住する隊舎において、靴の磨き方や、作業服へのアイロンの当て方、ベッドメイキングまでを実物をもとにわかりやすく説明を受けた。参加者からは、「すごい綺麗に仕上げていた」・「自分が入隊したら、ここまで出来るようになるか心配です」などの声が聞かれた。最後に、防火防水訓練場を見学し、教育現場が充実しているのを確認した。質疑応答では、参加者から教育の担当者に対し、具体的な訓練内容や、営内生活でのコツ、入隊するまでに今から何を準備したらよいか等が質問され、参加者は皆、満足し入隊意志を新たにした様子であった。
愛知地方協力本部は、今後も各種見学会等を通じて、自衛隊への理解を深めて貰い、優秀な人材確保に努めていく。

募集対象者に対する第10師団創立57周年記念行事予行見学会を実施

愛知地方協力本部(本部長 福重毅尚 1等陸佐)は、令和元年10月26日(土)、第10師団の協力を得て「第10師団創立57周年記念行事予行見学会」を実施した。
当日は秋晴れの中、多くの人々が正門に並び各募集事務所が案内した学生や保護者、友人など総勢54名が見学会に参加した。
案内されたメインスタンド席では、募集課広報室 西川武志 陸曹長が配布した見学会のしおりの説明を受けた参加者は、これから始まる行事内容にワクワク感を隠せない様子であった。記念式典及び観閲行進が始まると、師団各部隊が整然と整列する様子と堂々たる行進を目の当たりにし、皆グランドに釘付けとなった。
続けて行われた訓練展示では、偵察用オートバイのグラウンドへの進入や、155mmりゅう弾砲FH-70や74式戦車の空包射撃、普通科部隊の敵陣地への突入など、初めて間近で見る陸上自衛隊員の姿に驚いていた。また、午後に行われた予行見学会参加者特権の戦車試乗では、初めて乗る戦車の迫力と躍動感に参加者からは喜びと満足そうな笑顔があふれ、装備品展示では隊員の説明に熱心に耳を傾け、車両に触れたり乗ったりと大満足の様子だった。
駐屯地を出る際には「来て良かった。戦車試乗のときは必死にしがみつきました」等おのおのの感想を聞くことが出来、次会う時は「階級章をつけて来てね」と声をかけ見学者を見送った。愛知地方協力本部は今後も厳しい募集環境を乗り越え、あらゆる機会を通じて自衛隊をPRし、目標達成に向け、優秀な人財(材)を確保していく所存である。

愛知地本「しらせ」艦艇広報を支援
青少年見学、一般公開に約12,000人が来艦

愛知地方協力本部(本部長 福重 毅尚 1等陸佐)は、令和元年10月5日及び10月6日、名古屋港ガーデンふ頭において、海上自衛隊砕氷艦「しらせ」寄港に伴う艦艇広報を支援し、2日間で約12,000人の来艦者を得た。
10月3日午前、名古屋市内の幼稚園児約400名をはじめ、しらせの入港を待ちわびる大勢の方々が見守る中、「南極の神秘」を載せた砕氷艦「しらせ」が、全長138mのその雄姿を見せ始め、 日の丸の手旗を力一杯振る園児達の可愛い歓声の出迎えをはじめ名古屋市消防音楽隊による歓迎演奏と華麗なパレード等、勇壮かつ華やかな出迎えをうける中、ゆっくりと名古屋港に着岸した。
同日夕方には横須賀地方総監主催による艦上レセプションが行われ、名古屋港湾関係者、学校関係者及び自衛隊員など総勢約200名が招待を受けた。渡邊 剛次郎 海将の挨拶では、南極のペンギンの話に会場は和やかな雰囲気が流れ、調理員が心を込めて作った豪華な料理が並びレセプションは盛会のうちに終了した。

翌日、4日には白瀬隊長顕彰会 斎藤正和会長らと、砕氷艦しらせ乗組員11名、自衛隊愛知地方協力本部から5名らが日本人初の南極探検隊長となった故・白瀬 矗(しらせ のぶ)中尉が眠る、西尾市吉良町の西林寺にある墓碑周辺の清掃活動を行い、墓碑周辺の落ち葉拾いや、しらせスクリューのモニュメントをブラシでこすったりするなど、奉仕の汗を流した。ボランティア活動に参加した荒井育夫海曹長は「第61次南極地域観測隊として11月に出発するが、白瀬隊長の思いを大切にして南極観測の支援に当たりたい」と話し、航海の安全と任務の完遂を祈願した。
同時にしらせ艦内において名古屋港管理組合主催による入港歓迎式典が行われた。式典では、砕氷艦「しらせ」艦長 竹内 周作 1等海佐が「本日は盛大に入港を歓迎して頂きありがとうございます。乗組員総員がとても楽しみにして参りました。ご来艦の皆様には、海上自衛隊に対するご理解をより一層深めて頂ければ幸いです。」との挨拶に会場は多くの拍手で包まれた。
式典終了後、参列者や報道関係者等に対する特別公開が行われ、「しらせ」の艦内を興味津々の様子で見学するとともに、真剣な表情で乗員の説明に聞き入っていた。

10月5日及び10月6日には、一般公開と15才から32才までの青少年見学会が行われ、体験喫食では振舞われた「カレー」の美味しさの余り、おかわりをする姿も見られ皆満足そうな様子だった。また広報ブースでは、若者達からご年配の方々まで多くの人が集まり特に子供達は喜びを隠せない様子で、制服を試着し、展示車両に乗って思い思いのポーズをとりカメラに収まっていた。また、青少年見学を終えアンケートに答えてくれた女子高校生からは「自衛隊に興味がわいた、かっこいい」等自衛隊を知ってもらう最高の見学となった。愛知地方協力本部は、今後も各種イベント等を通じて、多くの方々に自衛隊を身近に感じて貰い、厳しい募集環境を克服して優秀な人財確保に繋げていきたいとしている。

愛知地本 各種イベントで自衛官募集広報を実施

愛知地方協力本部(本部長 福重毅尚 1等陸佐)は、令和元年9月15日(日)及び16日(月)、トヨタ博物館(愛知県長久手市)で開催された「サマーフェスタ!2019」に参加し、自衛官募集広報を実施した。トヨタ博物館は、トヨタ自動車創立50周年を記念し設立され、世界の車を中心に自動車誕生の歴史が展示されている。陸上自衛隊第10師団(師団長 鈴木直栄 陸将)、の全面協力の下、トヨタ博物館駐車場の特設会場には、化学防護車、除染車、高機動車、11/2tトラック、31/2tトラック、軽装甲機動車などを展示するとともに、人命救助システム、野外炊具1号を展開して来場者に対する、熱心・丁寧な説明が行われた。また、愛知地本部員で結成されたラッパ隊によるラッパ吹奏も披露され、指揮をする金山募集案内所長の長谷川 敬樹 1等陸尉によるマイクパフォーマンスで会場を笑いの渦に巻きながらも勇壮なラッパの音色と隊員の真摯な姿に、多くの来場者から盛大な拍手と歓声が送られた。
県内からイベントを楽しみに来たという家族連れは、「自衛隊に興味があって昨年に続き今年も楽しみに来ました!」とイベントを心待ちにしている様子が感じられた。募集広報ブースは制服試着、隊員による組紐ストラップ作成、ロープ渡り等さまざまな体験型コーナーを設け、終日多くの来場者で賑わった。また、臨時勤務中の隊員 海上自衛隊練習艦やまゆき 水草佳緒里 海士長、航空自衛隊 第1輸送航空隊 小林 茜 空士長が、自衛隊の魅力や自身の経験などを笑顔で説明し、多くの学生に自衛隊をPRした。愛知地方協力本部は、今後もあらゆる機会を通し多くの方々に自衛隊をPRするとともに、優秀な人財確保に努めていく所存である。

「現代戦の緊迫感を体感」
愛知地本、大学生インターンシップで「総合火力演習」を研修

自衛隊愛知地方協力本部(本部長・福重毅尚1等陸佐)は、令和元年8月20日から同年8月30日までの間、県内の大学生を対象とした10日間インターンシップを行い、その中の1つのプログラムとして8月22日(木)に「総合火力演習」の研修を行った。
深夜0:30に地方協力本部を借上げバスで出発し、6:30頃東富士演習場畑岡地区に到着すると、スタンド席の最上段を陣取り、演習開始を待ち望んだ。陸上自衛隊の最新装備の迫力ある実弾射撃を目の当たりにした大学生達は、「実弾の大きな音にびっくりした」「現代戦の緊迫感を体感できた」等と国土防衛を担う陸上自衛隊の能力に大きな感銘を受け、写真や動画の撮影に夢中になっていた。
インターンシップ終了後の所見でも、半数以上の学生が「総合火力演習」を最も印象的な課目だったと言及し、且つ自衛隊受験を迷っていたが受験したくなったと多くの学生が回答するなど、大きな募集広報の役割を果たす結果となった。今後も愛知地本は、この様な事業を実施すると共に、受験・入隊まで継続的に信頼関係を醸成して、努めて多くの人財獲得に邁進する所存である。

総火演2019

総火演2019

総火演2019

総火演2019

総火演2019

関連情報

インターンシップ インターンシップ

インターンシップ

自衛隊ではインターンシップも行っています。基地や駐屯地での珍しい職業体験をして頂けます。

海上自衛隊「輸送艇2号」護衛艦「きりしま」「あさゆき」艦艇広報 艦艇3隻に延べ10,833名が来艦!

愛知地方協力本部(本部長 福重毅尚 1等陸佐)は、令和元年7月26日(金)、7月28日(日)、愛知県蒲郡市の全面協力のもと、海上自衛隊「輸送艇2号」(艇長 君和田 康明 1等海尉)護衛艦「きりしま」(艦長 石井 和徳 1等海佐)「あさゆき」(艦長 三浦 宏幸 2等海佐)の蒲郡港艦艇広報を行った。
蒲郡港への海上自衛隊艦艇の入港は本年度初。
台風6号の接近により、27日(土)は中止となったが、翌28日(日)は暑い快晴の下、次々と到着する満員のシャトルバスから多くの方々が岸壁に降り立ち、目の前に並んだ2隻の護衛艦の大迫力に感激の声が聞かれた。
来艦者は、艦の装備や任務に興味深々の様子で「自衛隊の船を間近で見られてとても嬉しい!」と笑顔で話す子供達も多く「きりしま」「あさゆき」乗員の説明に聞き入った。
一般公開とは別に事前に応募がした特別公開も行い参加者からは「受験意欲が固まった!」などの声が聞かれ、またとない募集広報の機会となった。
また、26日(金)には横須賀警備隊輸送艇2号の災害対策職員向けの研修が行われ、愛知県や市、町、職員等41名の参加があり、海上自衛隊の災害時の活動に理解を深める絶好の機会となった。
このほか、陸上自衛隊の車両展示に加え28日昼には飛行開発実験団所属のF-15戦闘機1機が艦の上空を飛行し、まさに「陸・海・空」が勢揃いした広報イベントとなり、夜からは電灯艦飾が行われ、蒲郡まつりの花火と共に豪華な蒲郡港となった。
さらに愛知地方協力本部が設けた募集広報ブース内では、子供用制服の試着、広報官による自衛隊の説明やアンケートを行い海上自衛隊の艦艇・航空機や活動写真を見学するなど訪れた多くの人々が楽しんでいた。
海上自衛隊の基地が無い愛知県において、艦艇広報は、募集対象者を含め多くの県民らが艦艇とその乗員に直に接し、身近に感じることができる貴重な機会となっている。
愛知地方協力本部は、あらゆる機会を通じ、多くの方々に自衛隊の魅力を伝える活動を行い、優秀な人財確保に繋げていくとしている。

海上自衛隊「輸送艇2号」、護衛艦「きりしま」「あさゆき」蒲郡港艦艇広報

海上自衛隊「輸送艇2号」、護衛艦「きりしま」「あさゆき」蒲郡港艦艇広報

海上自衛隊「輸送艇2号」、護衛艦「きりしま」「あさゆき」蒲郡港艦艇広報

海上自衛隊「輸送艇2号」、護衛艦「きりしま」「あさゆき」蒲郡港艦艇広報

海上自衛隊「輸送艇2号」、護衛艦「きりしま」「あさゆき」蒲郡港艦艇広報

名古屋港ガーデンふ頭 初の寄港に5200名が来艦!

令和元年6月14日(金)から16日(日)までの間、名古屋港 ガーデンふ頭3号岸壁において、海上自衛隊潜水艦救難艦「ちよだ」の名古屋港寄港に伴う艦艇広報及び舞鶴音楽隊演奏会を支援しました。
名古屋港では、平成30年「いずも」入港以来の海上自衛隊艦艇の入港で、岸壁に集まった人達からは、「潜水艦救難艦という珍しい艦艇が来てくれて嬉しい!」など、喜びの声と多くの質問が飛び交い、この2日間で青少年見学と一般見学会を合わせ、5212人(1日目1708人)が来艦しました。

海上自衛隊潜水艦救難艦「ちよだ」

海上自衛隊潜水艦救難艦「ちよだ」

舞鶴音楽隊

舞鶴音楽隊

舞鶴音楽隊

自衛隊 愛知地方協力本部

〒454-0003愛知県名古屋市中川区松重町3-41

電話
電話でお問い合わせ

TEL 052-331-6266
電話でお問い合わせ
受付時間8:30~17:15

メール
メールでお問い合わせ