本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

練習艦隊入港歓迎行事(R1.5.7)

 令和元年5月7日(火)、横須賀地方総監部は、横須賀港逸見岸壁において、練習艦隊司令官(海将補 梶元大介)率いる練習艦隊の入港歓迎行事を行いました。
 練習艦隊は、3月に広島県江田島にある幹部候補生学校を卒業した実習幹部187名を乗艦させ、以来約2か月の間、日本近海における航海実習及び各地への寄港を実施しつつ、練習航海を行いました。
 今後、5月下旬に横須賀を出港し約5ヶ月間、遠洋練習航海を行う予定です。