本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

掃海艦「あわじ」引渡式・自衛艦旗授与式・入港歓迎行事(H29.3.16)

 平成29年3月16日(木)、ジャパンマリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 鶴見工場(横浜市鶴見区)において掃海艦「あわじ」(艦長 小林 倫彦 2等海佐)の引渡式が挙行され、自衛艦旗授与式を執行しました。
 式典終了後、母港となる横須賀港 逸見岸壁において入港歓迎行事を実施しました。

 「あわじ」は、掃海艦「やえやま」型の性能向上型であり、機雷掃討、機雷掃海システムの性能向上等を図るとともに、船体材料にFRP(Fiber Reinforced Plastic)複合材料(ガラス繊維(グラスファイバー)等をプラスチックの中に入れて強度を向上させたもの)を採用しています。
 FRPは、木と比べて特に耐久性に優れるため、木造船の寿命と比べて大きく延伸することが見込まれています。

 掃海艦の名称は島の名、海峡の名を付与することが標準とされており、引き続き「島の名」から選出されました。艦名の「あわじ」は、瀬戸内海最大の島、淡路島に由来します。
 この艦名は、海上自衛隊としては2隻目となり、初代は「たかみ」型掃海艇の5番艇として、昭和46年3月就役、平成5年3月に除籍となるまで活躍しました。

【主要項目】 基準排水量:690t 全長:67.0m 全幅:11.0m 深さ:5.2m 出力:2,200PS
       最大速力:約14ノット 、主要装備20ミリ遠隔管制機関砲1基、掃海装置1式