本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

チリ海軍艦艇入港歓迎行事(H28.8.26)

 平成28年8月26日(金)、チリ共和国海軍のエスメラルダ級練習帆船「エスメラルダ」(艦長 カルロス シュナイット 海軍大佐)が東京港晴海埠頭に入港しました。
 親善を目的とした訪問で、横須賀でのホストシップは護衛艦「まきなみ」(艦長 沖重 大樹 2等海佐)が務めます。

 入港後の歓迎行事では、東京港管理事務所長及び横須賀地方総監部幕僚長の入港歓迎挨拶、記念品贈呈、花束贈呈、エスメラルダ艦長の入港挨拶及び記念撮影が行われました。
 チリ海軍艦艇の訪日は、平成19年度以来、今回で15回目であり、東京への入港は10回目となります。