本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

よこすかYYのりものフェスタ2016(H28.6.11-28.6.12)

 平成28年6月11日(土)・12(日)の両日、横須賀観光協会主催の 「よこすかYYのりものフェスタ2016」に協力し、基地開放を行いました。
 艦艇の一般公開で護衛艦 「いずも」を、ヘリコプターの地上展示で第21航空群の 「SH-60K」を公開するとともに、横須賀港内では横須賀警備隊の「特別機動船」による高速航行のデモンストレーションを行い、横須賀音楽隊が各日とも2回ずつの演奏を行いました。また、同音楽隊は12日に横浜Fマリノスの公式チアチーム・トリコロールマーメイズとの共演も行い、イベントを盛り上げました。
 なかでも、昨年3月に就役したばかりの護衛艦 「いずも」 の一般公開は多くの方々の関心を集め、艦内から上甲板に至る大型エレベーターの迫力に大きな歓声が上がり、予想以上に早く上昇するエレベーターの動きに驚いている様子でした。
 そのほか、募集関連のコーナーにて、海上自衛隊の活動状況の写真、南極の石、自衛官の階級章、索の結び方の見本などを展示するとともに、ミニ制服を着ての撮影スポットを設置し、海上自衛隊に対する理解を深めて頂きました。
 2日間で約25,000人という多くの方々に足を運んで頂き、大盛況のうちに幕を閉じることができました。