本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

しらせ艦長、横須賀市長を訪問 (28.5.11)

 平成28年5月11日(水)、砕氷艦「しらせ」艦長の大鋸 寿宣 1等海佐は、横須賀市役所を訪れ、吉田横須賀市長に帰国の挨拶を行い、南極地域観測協力における写真及び南極の氷を贈呈しました。
 市長からの今回の行動の様子や艦内の生活に関する多くの質問を受け回答するとともに、この度は、初めての「しらせ」女性乗組員の一人である気象士 内田麻子2等海尉が随行し、観測協力における女性の活躍を紹介しました。