本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

平成28年熊本地震に係る災害派遣(H28.4.16)

 平成28年4月16日(土)、横須賀地方総監部(総監 海将 堂下 哲郎)は、平成28年熊本地震への対応として、生活支援のため、支援物資(非常用糧食約23,000食、飲料水約22,000本、毛布約3,000枚、災害派遣用器材)をトラックに積み込み、横須賀基地から現地へ輸送しました。輸送を終えたトラックは現地で活動しています。
 また、横須賀在籍の艦艇も、護衛艦「いずも」をはじめ、救援のため活動しています。