本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

よこすかみこしパレード(H27.10.25)

 平成27年10月25日(日)、横須賀市において「第39回よこすかみこしパレード」が開催され、横須賀上級海曹会(会長 中出口 修 海曹長)のみこしも隊員家族合わせて156名の担ぎ手とともに参加しました。

 秋晴れとも呼べる快晴のもと、みこしや山車約70基、担ぎ手9000人が参加、今年は、横須賀製鉄所創設150周年を記念し、ミス・インターナショナル世界大会に出場する約70の国と地域のミスたちも参加し、横須賀中央駅をスタート、約60000人の人出の中、パレードに華を添えました。
 横須賀中央通りから、ミス一行はどぶ板通りの方に分岐し、我が海上自衛隊、米海軍などのみこしは式典が行われる米海軍横須賀基地へ。
 基地のメインストリートでは、横須賀上級海曹会のみこしが他のみこしに負けんとばかりに一層の活気で会場を沸かせました。