本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

自衛隊記念日行事(H27.10.30)

 平成27年10月30日(金)、横須賀地方総監(井上 力 海将)は、自衛隊記念日行事を行いました。

 自衛隊記念日は、防衛庁(現防衛省)及び自衛隊の創設に基づいて1966(昭和41)年に制定されました。
 両組織の発足日は、この法的根拠である「防衛庁設置法」「自衛隊法」が施行された1954(昭和29)年7月1日ですが、 夏・秋の自然災害に伴う自衛隊の出動を予想し、この時期の記念行事及び式典を避けた結果、11月1日を記念日としています。

 横須賀地方隊においてもこの日を記念し、午前中、体育館において勤続25年を迎えた永年勤続隊員66名(参列者62名)の表彰式を、 午後には場所を田戸台分庁舎に移し、防衛基盤の育成や就職援護、募集支援広報等に功労された個人もしくは団体の方々へ感謝状を贈る、 感謝状贈呈式と祝賀会を行いました。