本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

野庭幼稚園・並木幼稚園「しらせ」お見送り会(H27.10.27)

 平成27年10月27日(火)横浜市の野庭幼稚園及び並木幼稚園の園児ら約200名が横須賀地方総監部吉倉岸壁に係留中の砕氷艦「しらせ」(艦長 大鋸 寿宣 1等海佐)を訪問しました。

 園児らの「しらせ」訪問は、昭和59年から続いており、今年で31回目であり、乗員にとって楽しみな恒例行事となっています。
 飛行甲板では、きちんと整列した園児たちから、艦長、副長、先任伍長及び曹士代表への花束の贈呈が行われました。
 続いて、大きなかわいい声で「病気や怪我に気を付けてお仕事頑張ってください!ぼくたちわたしたちもお友達と仲良くして頑張ります。」とエールが送られ、日の丸の小旗を持った、一生懸命なダンスが披露されると、乗員からは自然と優しい笑顔が溢れました。
 園児たちのエールを受けた艦長から「今日を楽しみにしていました。みんなが船に来て、お見送りの言葉やダンスを見せてくれて、嬉しかったです。元気で頑張ってきます!」と挨拶がありました。
 その後、各グループに分かれて艦橋や艦載ヘリコプターなどの見学を行い、艦橋でラッパ吹奏が行われると、「すごい」と大きな歓声と拍手が沸き起こりました。
 お見送り会が終わり、園児たちが「しらせ」を後にする際は、乗員が岸壁に並びハイタッチをしながらお別れをしました。