本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

横須賀パレード(27.10.11)

 平成27年10月11日(日)、横須賀市主催、横須賀地方総監部(総監 井上 力 海将)、横須賀商工会議所共催のもと、横須賀中央通り~ヴェルニー公園において、横須賀パレードを行いました。
 このパレードは、横須賀製鉄所創設150周年、そして平成27年度自衛隊観艦式を記念して、全国の海上自衛隊音楽隊をはじめ、県内の各団体のマーチングバンドなどが横須賀市の中心街に集結、また、観艦式に参加するアメリカの音楽隊、オーストラリアのカラーガード、フランスのサーベル隊も加わり、総勢約1200人の国内最大級の音楽隊パレードとなりました。
 横須賀中央をスタートした華やかな一団は、中央大通りを爽快な音楽演奏とともに行進し、沿道に集まったたくさんの方の目を楽しませていました。
 その後どぶ板通りを練り歩き、ヴェルニー公園でパレードを再開、アンコールステージで横須賀音楽隊の演奏に合わせてパフォーマンスチームが飛んだり跳ねたり、アクロバティックなショウ―を見せ、マーチングバンド発祥の地・横須賀で繰り広げられた、横須賀ならではの壮大な音楽パレードは盛況なうちに幕を閉じました。

(その他の写真はこちらにあります。)