本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

第76回黒船祭(27.5.15-17)

 平成27年5月15日(金)~17日(日)の3日間、静岡県下田市において第76回黒船祭(主催:第76回黒船祭執行会)が開催され、横須賀地方総監部(総監 井上 力 海将)をはじめ、 護衛艦「たかなみ」(艦長 樋之口 和隆 2等海佐)、掃海艇「ちちじま」(艇長 尾崎 公彦 3等海佐)、横須賀音楽隊(隊長 樋口 好雄 3等海佐)が各種イベントの支援を行いました。

 1934年(昭和9年)に始まったこの黒船祭は、米国のペリー提督の浦賀来航に始まる、日本の開国と近代化に深く寄与した内外の先賢の偉業を顕彰するとともに、世界平和と国際親善に寄与する目的で開催され、今年で第76回を迎えました。

 3日間行われた掃海艇「ちちじま」の一般公開をはじめ、護衛艦「たかなみ」、横須賀音楽隊が参加したパレード、スポーツ交流、演奏会等と、様々な場面で下田市民、海上自衛隊員、米軍人が一体となり、イベントは大いに盛り上がりました。