本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

掃海艇「はつしま」の引渡式・自衛艦旗授与式・入港歓迎行事(H27.3.19)

 3月19日(木)、ジャパンマリンユナイテッド株式会社 横浜事業所 鶴見工場(横浜市鶴見区)において 掃海艇「はつしま」(艇長 鈴木 厚志 3等海佐)の引渡式が挙行され、自衛艦旗授与式を執行しました。 式典終了後、母港となる横須賀地方総監部逸見岸壁において入港歓迎行事を実施しました。

 「はつしま」は、「えのしま」型掃海艇の3番艇であり、引き続き「島の名前」から選出されることとされ、海上自衛隊の部隊等から募集しました。
 「はつしま」(初島)は静岡県熱海市にあり、鎌倉時代の和歌にも詠まれた由緒ある島であり知名度も高く、隊員の士気及び艦に対する愛着心を高揚するに十分であり、新造艦艇の名称として適当であると考え、防衛大臣が決定しました。
 海上自衛隊で「はつしま」と命名するのは2隻目のことです。