本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

よこすかYYのりものフェスタ2014(H26.6.14,15)

 6月14日(土)、15日(日)の両日、横須賀市主催のイベント「よこすかYYのりものフェスタ2014」への協力として、基地開放を行いました。 両日とも初夏らしい天候に恵まれ、多くの来場者が足を運んでくださいました。

 艦艇の一般公開は護衛艦『てるづき』と『ゆうぎり』、ヘリコプターの地上展示は館山航空基地から『SH-60K』、 横須賀湾では横須賀警備隊の高速機動艇;通称RHIB(リブ)が高速航行するなどのデモンストレーションを行い、基地内外からイベントを盛り上げました。

 なかでも、4月に南極から帰国してきた砕氷艦『しらせ』の乗員による南極案内や、横須賀地方総監部募集支援係が開催した、 ミニ制服を着ての護衛艦『ちびしま』・パネル前での写真撮影は、親子で海上自衛官になりきって記念撮影をされる方々で長い列を作っていました。