本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

練習艦隊帰国行事(H25.10.30)

 10月30日(水)、平成25年度遠洋練習航海部隊(練習艦隊司令官 北川文之 海将補)約720名(実習幹部196名(女性自衛官18名、タイ王国留学生1名)) の帰国行事を東京港晴海埠頭で行いました。

 練習艦「かしま」(艦長 大野敏弘 1等海佐)、練習艦「しらゆき」(艦長 川内健治 2等海佐)、護衛艦「いそゆき」(艦長 青木操 2等海佐)からなる当部隊は、 5月22日(水)に同港を出港。162日間にわたり、約50,000kmを航海し、18ヵ国19寄港地をめぐるとともに、各寄港地で親善交流を行いました。

 行事終了後、実習幹部196名はお世話になった艦の乗員に感謝するとともに、新たな気持ちででそれぞれの勤務地へと旅立っていきました。