本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

横須賀地方総監離着任行事(24.7.26)

 平成24年7月26日(木)横須賀基地の逸見岸壁において横須賀地方総監の離着任行事が行われました。
 退官に伴い、この日に離任した河村克則前総監は、隷下部隊の隊員に対し「横須賀で勤務したこの1年は40年余りの自衛隊生活の中でもっとも充実していた。」と感謝の言葉を述べました。
 この後、第42代横須賀地方総監の武居智久海将を出迎え、総監室で引き継ぎが行われた後、河村前総監の見送りが行われました。
 武居新総監は、着任の訓示で「隊員諸官に要望する事項は「個人の充実」である。自衛官の技量を磨き、社会人として地域に根を張ってほしい。また、自衛隊が国民に信頼されている今こそ、初心に帰り日々の業務を誠実に実施しなければならない。」と述べました。