本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

平成23年度遠洋練習航海部隊帰国行事(H23.10.27)

 平成23年度遠洋練習航海部隊(練習艦隊司令官 大塚海夫海将補以下実習幹部174名を含む約720名)の)帰国行事が10月27日(木)、東京港晴海埠頭で行われました。

 午前8時半過ぎ、練習艦「かしま」(艦長 柏原正俊1等海佐)、「みねゆき」(艦長 三浦則文1等海佐)、「あさぎり」(艦長 小牟田秀覚2等海佐)が次々に入港し、実習幹部の家族らが出迎えました。

 練習艦隊は、5月24日に晴海埠頭を出港後、156日間にわたり、約29,600マイルを航海し、6カ国14寄港地を巡るとともに、各寄港地で親善交流を行いました。