本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

がんばろう!日本 横須賀音楽隊 鎌倉ふれあいコンサート(H23.6.24)

 横須賀音楽隊(隊長 手塚 裕之 3等海佐)は、平成23年6月24日(金)午後6時半、鎌倉芸術館で「鎌倉ふれあいコンサート」を開催しました。
 東日本大震災により被災された方、復興に携わる多くの方々に応援のメッセージを込めた復興応援コンサートに、客席はほぼ満席となるほど、多くの来場者が訪れました。

 『麗しき日本』と題した第1部は、震災への哀悼の意を込め、「G線上のアリア」から厳かに始まり、「理想の海へ」「風之舞」など、開催地、古都鎌倉や古き良き美しい日本の情景を思い浮かばせる楽曲で、会場を魅了しました。

 第2部は『がんばろう!日本』をテーマに、NHK年末スペシャルドラマ「坂の上の雲」よりメインテーマ「スタンド・アローン」で幕を開けました。復興の応援歌として歌われる「上を向いて歩こう」に続いて、アルトサックス・ソロによる「トワイライト・イン・アッパー・ウエスト」の演奏は、しっとりと会場を包みました。北鎌倉女子学園中学校・高等学校コーラス部の皆さんと共演では、ブロード・ウェイ・ミュージカル「アニー」より「トゥモロー」、NHK合唱コンクール課題曲となった「エール」など、若々しく力みなぎる演奏と美しい歌声を披露し、会場中から多くの拍手喝采をうけ、最後の「翼を下さい」は会場一体となって、被災地への早い復興を願うものとなりました。

 アンコールは「見上げてごらん夜の星を」で再び合唱部と音楽隊との共演をお贈りし、最後は恒例の行進曲「軍艦」で幕を閉じました。
 演奏終了後には、ロビーで観客を見送る中学・高校コーラス部のみなさん、隊員に対して、「感動しました」「楽しい時間を過ごせました」などの温かい言葉や応援のメッセージを頂きました。