本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

遠洋練習航海部隊出国行事(H23.5.24)

 平成23年度遠洋練習航海部隊出国行事が5月24日(火)東京晴海埠頭において行われました。

 練習艦隊司令官(大塚海夫 海将補)、かしま艦長(柏原正俊 1等海佐)、あさぎり艦長(小牟田秀覚 2等海佐)、 みねゆき艦長(三浦則文 2等海佐)及び各艦乗員並びに実習幹部174名(女性自衛艦17名、タイ王国留学生1名)を前に、小川勝也防衛副大臣、山花外務大臣政務官 海上幕僚長(杉本正彦 海将)が訓示、祝辞を述べました。
 練習艦隊司令官、各艦長及び実習幹部代表に花束が贈られた後、音楽隊の軍艦マーチと盛大な拍手に合わせ実習幹部が行進し、それぞれの艦に乗り込み約5ケ月間にわたる長い航海へと出発していきました。

 今次遠洋航海は6カ国、14寄港地を訪問、所要日数は156日であり、総航程は約29、580マイル。
 帰国予定は10月27日です。