本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

シンガポール海軍訪日(H22.8.18-24)

 平成22年8月18日(水)から24日(火)までシンガポール海軍のフリゲート艦「スプリーム」(艦長 タン・ウェイ・ミン海軍中佐)が横須賀地方総監部逸見岸壁に入港しました。

 今回は親善を目的としての訪問で、横須賀でのホストシップは護衛艦「はるさめ」(艦長 川上司朗 2等海佐)が務めました。
 入港後、タン・ウェイ・ミン艦長の横須賀地方総監部への表敬訪問があり、海上自衛隊を代表として髙嶋総監が、タン・ウェイ・ミン艦長と入港記念の盾の交換を行いました。

 その後、「はるさめ」士官室において艦上昼食会がはるさめ艦長主催で行われ、午後からは艦艇相互訪問を実施し、交流を深めました。
 シンガポール海軍艦艇の訪日は9回目で、横須賀へは今年の4月に入港したフリゲート艦「ストルワート」に続き4回目の寄港。