本文へスキップ

海上自衛隊は周囲を海に囲まれた我が国の生命線である、海洋の自由で安全な利用を守るため、日々警戒監視や訓練等に取り組んでいます。

厚木ふれあいコンサート(21.9.26)

 平成21年9月26日(土)午後6時半、横須賀音楽隊(隊長 2等海佐 河邊一彦)が「厚木ふれあいコンサート」を開催しました。

 会場の厚木市文化会館には、開場前から多くの観客が訪れ、客席は開演前にはほぼ満席となり、初めての厚木市でのコンサートにも関わらず、大変な人気でした。

 演奏会第1部は副隊長(1等海尉 高野賢一)の指揮で、C.サン=サーンスの代表作の一つである組曲「動物の謝肉祭」を、アナウンサー石川亜美さんのナレーションを交えながら演奏し、会場中から拍手喝采を受けました。

 第2部はScreen Music In Brass!!と題し、隊長(2等海佐 河邊一彦)の指揮で、「風と共に去りぬ」、「チャップリンの肖像」、「ニュー・シネマ・パラダイス」、「千と千尋の神隠し」、「シンドラーのリスト」、最後に「スター・ウォーズ」という誰もが一度は聞いたことがある映画音楽を演奏し、満員の観衆より大きな拍手が送られました。

 アンコールでは、映画「アマルフィ」より「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を演奏、そして最後は「軍艦マーチ」で演奏会を閉めくくりました。

 演奏会が終わり、出口での見送り時には、「とてもすばらしいかったです。」、「感動しました。次回の演奏会も楽しみにしています。」や、「横須賀音楽隊のファンになりました。これからも頑張ってください。」など、とても温かい言葉とメッセージをたくさんの来場者の方から頂きました。

 【ふれあいコンサート】
  横須賀地方隊の広報担当区域(北は岩手県、西は三重県まで1都17県)の中でも、約900万人もの人口を抱える地元神奈川県の中で効果的な広報を実施すべく、横須賀音楽隊は人口約360万人の県庁所在地である横浜市で定期演奏会を、地元の横須賀市(人口約43万人)と神奈川第3の都市である相模原市(人口約70万人)において「ふれあいコンサート」を定期的に行ってきました。
 今回は、他の都市での演奏希望もあったことから、初めて厚木市で「ふれあいコンサート」を開催致しました。