• プロフィール

     東京音楽隊は、海上保安庁音楽隊を前身とし、1952年海上警備隊音楽隊として発足しました。保安庁警備隊音楽隊、海上自衛隊音楽隊と名称を変え、1956年に現在の名称となり、海上自衛隊を代表する防衛大臣直轄の音楽隊として「隊員の士気高揚のための演奏」、「儀式、式典における演奏」、「広報演奏」を任務とし、日本国内にとどまらず、幅広い演奏活動を行っています。
     日本国の重要な儀式での演奏から国内外で行われる国際的な行事にも参加しており、2019年には今上天皇陛下御即位に際し、「祝賀御列の儀」に奏楽部隊として参加し、演奏を行いました。また、海上自衛隊が毎年実施している遠洋練習航海に隊員を派出し、世界各地の港を中心に音楽を通じての国際親善に貢献しています。
     2018年には世界の優秀な軍楽隊コンサートバンドに贈られるもっとも名誉ある賞「ジョージ・ハワード大佐顕彰」(スーザ賞)を受賞したほか、2019年6月下旬から2週間、カナダで開催されたロイヤル・ノバスコシア・インターナショナル・タトゥーに招待され演技を披露しました。



  • About MSDF Band, Tokyo

     The Japan Maritime Self Defense Force (JMSDF) Tokyo Band was originally established by the Japan Coast Guard in 1952. It later became the Japan Security Agency Guard Band; then the JMSDF Band; and in 1956, the JMSDF (Tokyo Band). The Tokyo Band is under direct control of the Minister of Defense with the roles of representing the JMSDF, enhancing troop morale, ceremonial support, and public concerts throughout Japan and other parts of the world. The Tokyo Band is also responsible for supporting high profile ceremonies and international events in Japan and abroad. One such high profile event, includes the Japanese Emperor’s 2019 Celebration Ceremony. Outside of Japan, the JMSDF Band program deploys a unit on the JMSDF Training Squadron’s Annual World Cruise in direct support of the JMSDF public affairs and international goodwill mission through music. In 2018, the Tokyo Band received the prestigious "Colonel George Howard" (Souza Award) in recognition of having the best military concert bands in the world. Other performances of note include the Nova Scotia International Tattoo, hosted by the Royal Society in Canada, during the last two weeks in June of 2019.



  • 沿革

    1951年(昭和26年)1月
    海上保安庁音楽隊が36名編成で発足

    1952年(昭和27年)7月
    海上警備隊音楽隊が発足

    1952年(昭和27年)8月
    警備隊音楽隊と改名

    1954年(昭和29年)7月
    海上自衛隊音楽隊と改名

    1956年(昭和31年)6月
    防衛庁長官直轄部隊として東京音楽隊が正式に編成

    2007年(平成19年)1月
    防衛省への移行に伴い、防衛大臣直轄部隊へ変更