本文へスキップ

基地モニターについて

 下関基地隊では”基地モニター”の皆様に各種行事や広報活動などに参加いただいています。これは自衛隊が行う活動を隊員以外の目線から見ていただき、いただいた感想やご意見を今後の各種活動に反映するための試みです。まさしく自衛隊の「未来を創る」活動です!
”基地モニター”は、毎年1回、年齢、性別、ご職業を問わずを募集しています。


基地モニター
 前田 克美 様

行事参加のため8月3日の朝7時過ぎに基地隊の正門に到着。
 真っ白な第1種夏季軍装を身に纏った総務科の方々にお出迎えいただき、その凛々しさに、思わず記念写真を一緒に撮らせていただいた。
 7時半より、グラウンドで、一昨年より下関基地で指揮を執られていた佐藤海将補による別辞に始まり、国旗掲揚、新しく指揮を執られることになる川久保1等海佐のお出迎え、そして、佐藤海将補のお見送りと目白押しであった。この間、1時間程度ではあるが、初めて目の当たりにする行事であり、しかも、基地隊の全隊員が白い制服に身を包み、きびきびと行動されるので、感動と感激と感嘆が一気に襲ってくる。特に、お見送り行事で、佐藤海将補がラッパ吹奏による栄誉礼を受け、その後、全隊員からの 帽振れにより、下関基地を去られる時は、思わず目頭が熱くなった。

 「百万一心」のかけ声の下で、部隊をまとめあげられた佐藤海将補に対し、心より「ご苦労様でした」とお伝えしたい。

 その後も、川久保新司令に対しての全幹部一人ひとりからの挨拶や、分隊点検、隊内点検、訓示と行事が目白押しであった。加えて、掃海艇うくしまの見学も出来、まさに8月3日は僥倖に恵まれた良き日となった。

 このような素晴らしい行事に、参加させていただき、また、炎天下の中、傍らで、行事の説明やエスコートをしていただいた総務科の方々のご尽力に対しひたすら感謝の念で一杯であった。


トップページに戻る

ナビゲーション