関門太鼓鶴会演奏本文へスキップ

第3回 ほうとう風うどんrivacy polic




 寒暖の差が激しい日々。ステイホームで心身ともにストレスを感じやすくなっているのではないでしょうか。
        
今回の取材に協力してくれたのは下関基地隊補給科給養員松隈(まつくま)3曹「ついに私の出番ですね!待ってましたよ!」「よろしくお願いします。」「ほうとう風うどんは今の日本にジャストフィットな献立ですよ!簡単だし♪」松隈3曹は調理室に案内してくれました。

こちらが材料です。下処理した「しめじ、かぼちゃ、油揚げ、大根、ニンジン、鶏肉」これを中心につくっていきます。「しめじは豊富なビタミンDが含まれており、カルシウムの吸収を大幅に助ける作用があります。」「なるほど。ストレス解消に必須ですね。」
ニンジンは薄く切ることがポイント♪慣れるとこのように♪」トントントントントト・・・はやーい。「水溶性植物繊維をスープに溶け出させる工夫です。」ニンジンの整腸作用の秘密がこの水溶性植物繊維。
手際よく調理する松隈3曹。
まさに時間との戦いだ!
「船の調理場に比べたら、楽勝っスよ。」「それは何で?」
船の調理器具は蒸気や電気を使います。それぞれ火力が違うため、時間の管理がいっそう大変です。制限時間内に手順を考えるパズルみたいですよ。」
(* ̄- ̄)ふ〜んむずかしそー。
鍋には中火でゆっくり煮込んだ白みそベースのスープが!うどん麺に良く絡むように赤みそで微妙な濃さを目指します。カボチャの甘味を消さないように!」※いっしょに入れているあぶら揚げが濃厚なスープを吸い込んで、味の濃縮効果を生んでいる。まさに名わき役だぁ!
香ばしい匂いと共に取り出したネギ。「ネギは最後に載せます。熱に弱いビタミンを体に取ってほしいから。胃酸の分泌も促すので消化を助ける作用もあるんですよ。」これは青い色見も映えて、最高のコラボレーション!ナイスゥ!
すっと取り出したボールにはうどん麺がいっぱい。「近隣福岡県のソウルフード『うどん』は柔らかいのが特徴です。これが腹持ちも良いし、スープと良く合います。」
「つるっとした食感がまろやかに味を絡めますね。」
くぅwwったまらねぇ〜♪
最後にシャキシャキネギを添えると、完成です。
カボチャの甘味と味噌の香り。
つるっと
と絡まるジューシーな油揚げ
身も心も癒されるこの旨さ!


教えてくれた松隈3曹ありがとうございました。ちょっと疲れたステイホームで家族と一緒にぜひ「食べてみて下さぁ〜い♪」

私たち給養員は苛酷な環境で頑張る隊員たちに元気をお届けしています。
隊員食堂から臨む海と加茂島を思いながら、ぜひ食べてみて下さい。


メインページに戻る

ナビゲーション