関門太鼓鶴会演奏本文へスキップ


じゃあ、実際給養員がどんな一日を過ごしているのか覗いてみよう(^^)/

午前中は昼食準備


朝は6時に起きて朝食後、昼食づくりの準備をします。
8時の国旗掲揚、ミーティングをしたら昼食づくりに取り掛かります。
午前中はほとんど昼食づくりで終わってしまいます。


午後は書類も!


午後は書類の作成や持ち回りをします。
食材の発注や費用の計算をすることもあるのですが、やはりお金の計算は気を遣います。


上司の点検を受けるときはいつもドキドキです(*_*;







作った料理は数知れず
その後は夕食準備です。
食事の準備ばかりですが、いろいろな料理を覚えることができるので、料理に興味がある人にはお勧めの職種ですよー。

くわしくはこちら
kyoudoryouri.html へのリンク

プライベートでもアピールできそう(*'ω'*)


大漁だー!


休みの日は釣りに出かけたり、最近ではキャンプにも行きます。
下関は自然豊かなところなので、アウトドアにはうってつけなんですよ。
釣りやキャンプをしていても料理する機会は多いので、趣味はもちろん多くの機会で仕事の経験が活かせるのはいいですね(*^^)v

さばいて刺身にするのかな(*'▽')




今回の取材を通して思ったことは、一日中食事の準備に追われながらも、とても生き生きとした笑顔が印象的だったことです。
補給科の給養という職種を紹介しましたが、仕事の枠にとらわれないプライベートでも役立つ職種なんですね。
今後そのほかの部隊を陰で支える職種を紹介していきますので、SNSのチェックをよろしくお願いします(^^)/



撮影&記事:西村3曹
メインページに戻る