1. ホーム >
  2. 自衛艦隊について >
  3. 使命 >
  4. 国土の防衛 >
  5. 侵略事態への対応

侵略事態への対応

    四面環海の島国である我が国に対する武力攻撃が行われる場合には、脅威は必ず海を経て我が国に至ることとなります。そこでは、航空攻撃に合わせ、艦船などによる攻撃が考えられます。
    侵略事態が生起した場合、自衛艦隊は我が国の最前線を担う海上防衛力として、対潜水艦戦、対空戦、対水上戦などの各種作戦を組み合わせて実施するとともに、陸・空自の各部隊と連携してこれら各種の作戦の成果を積み重ね、敵の進出を阻止し、その戦力を消耗させることにより、周辺海域を防衛します。

周辺海域の防衛のための作戦

    我が国土に対する直接的な攻撃や、我が国に対する海上交通の妨害の例としては、侵攻部隊の上陸、潜水艦・航空機によるミサイル攻撃、さらには機雷の敷設や水上艦艇による攻撃などが考えられ、それらの脅威の態様に応じて各種作線を行います。

対潜水艦戦

    潜水艦の捜索から撃沈までの一連の作戦を対潜水艦戦といいます。近年、運動性能、静粛性、攻撃力が向上し、半永久的に潜行を続けることのできる原子力潜水艦の増加により、海上交通の安全に対する脅威がさらに大きくなっています。
    このような状況に対応するため、自衛艦隊は装備の近代化を着実に進めるとともに、隊員の技能、練度の向上に努めています。

対空戦

    対空戦は、空からの攻撃に対し、船団や水上艦艇を防護することを目的としています。対空戦では、各種武器を用いて縦深性のある防御網を構成することが必要であり、自衛艦隊は対空戦を得意とするイージス護衛艦(左)の装備を推進しています。

対水上戦

    近年、多くの水上艦艇は射程の長い艦対艦ミサイル(SSM)を装備しており、水上での戦闘は遠距離からのSSMによる攻撃が主流となっています。
    水上攻撃能力は、上陸侵攻を企図する艦艇を攻撃するため、また、相手のSSM装備艦艇による攻撃から我が国の船舶を防護し、海上交通の安全を確保するため欠くことのできないものです。

ページトップに戻る