WHITE ARROWS について

15分バージョン

5分バージョン


 『WHITE ARROWS』は、海上自衛隊のアクロバット飛行チームの愛称で、第201教育航空隊で勤務する操縦教官たちで構成された特別曲技飛行チームです。 2018年10月に発足したホワイトアローズですが、そこにつながるチームアクロは、1990年代後半から技術研究班としてスタートし、操縦学生教育のための教官技量の向上を主目的として立ち上がりました。以前は、「ブランエール(仏語で“白い翼”)」や「ルーキー・フライト(第201教育航空隊のコールサインが“ルーキー”)」として、小月航空基地でのスウェルフェスタや航空学生の入隊式で飛行展示を行ってきました。その様な中、海上自衛隊の広報の一環として活動できないかという声があり、機運の高まりとともに海上自衛隊全体の公式曲技チームとして誕生する運びとなりました。
 海上自衛隊の航空機は、複数の搭乗員が乗り組み、チームで飛行しています。ホワイトアローズがフライトで使用する操縦訓練用の練習機であるT-5もサイド・バイ・サイド式のコックピットとなっており、世界でも珍しいサイド・バイ・サイド式のプロペラ機によるアクロバットチームで、8人のパイロットが一体となって行動しています。

ホワイトアローズの名前とエンブレムの由来

 ホワイトアローズのチーム名は、隊員の公募により、T-5の4機の白い機体が大空を縦横無尽に飛ぶイメージから名付けられました。  
 エンブレムも、同様に隊員公募により考案されました。蒼空を飛ぶ4機の白いT-5をモチーフに、広がりながら真っ直ぐに伸びる“白い矢”は、アクロバットの力強さと曲技飛行チームの活動の広がりを表しています。併せて、4本の矢は、小月教育航空群隷下の4つの部隊を、真ん中の大きな星はそれらを取り纏めて見守る司令部をイメージしています。また、羽を広げた白鷲には、目尻と翼の風切先端に赤のワンポイントがあり、T-5の機首左右とウィングチップを、そして赤を入れた4枚の羽根は4機がピッタリと寄り添って飛行する様を表現したものです。

WHITE ARROWS AIRFLAME


レッドブル・エア・レース 2019

関連リンク

このページの先頭へ