米豪主催多国間共同訓練(タリスマン・セイバー21)

訓練の目的

海上自衛隊の戦術技量の向上及び参加国海軍との連携の強化

期間

令和3年7月18日(日)~7月27日(火)

訓練海空域

オーストラリア東方

参加部隊

海上自衛隊 護衛艦「まきなみ」及び搭載航空機(SH-60K)
米海軍 強襲揚陸艦「アメリカ」、ドック型輸送揚陸艦「ニューオリンズ」、ドック型揚陸艦「ジャーマンタウン」、駆逐艦「ラファエル・ペラルタ」、補給艦「アラン・シェパード」、補給艦「ラパハノック」、P-8A
オーストラリア海軍 強襲揚陸艦「キャンベラ」、揚陸艦「チャールズ」、駆逐艦「ブリスベン」、フリゲート艦「パラマッタ」、フリゲート艦「バララット」、P-8
カナダ海軍 フリゲート艦「カルガリー」
韓国海軍 駆逐艦「ワン・ゲオン」

訓練項目

射撃訓練、対潜戦訓練、海上作戦訓練

その他

新型コロナウイルス感染症への必要な対策を行い実施しました。

写真で見る活動