令和5年度海上自衛隊演習(実動演習(共同演習))

目的 (1)各級指揮官の戦術判断、部隊運用要領を演練
(2)海上自衛隊の任務遂行能力の向上
(3)海上自衛隊と米海軍、オーストラリア海空軍、カナダ海空軍及びフィリピン海軍との連携の強化
期間 令和5年11月10日(金)~11月20日(月)
演習海空域 日本周辺
統裁官 自衛艦隊司令官 海将 齋藤 聡(さいとう あきら)
参加部隊等 (1)海上自衛隊:艦艇約15隻、航空機約20機
(2)米海軍:艦艇約10隻、航空機約10機
(3)オーストラリア海軍:艦艇1隻、航空機1機
(4)カナダ海軍:艦艇2隻、航空機1機
(5)フィリピン海軍:派遣幕僚
主要演習項目 各種戦術訓練(対潜戦、対水上戦等)、洋上補給
その他  海上自衛隊演習は、昭和29年から実施している海上自衛隊最大の演習となります。本演習において、米海軍とは昭和56年から、カナダ海軍とは平成29年から、オーストラリア海軍とは令和元年から訓練を実施しています。
 なお、フィリピン海軍が、オブザーバーとして本演習に参加するのは今回が初めてです。

令和5年度海上自衛隊演習(実動演習(日米共同演習及び日米豪加独共同訓練))