命名式・進水式

命名式・進水式とは

 艦艇が進水する際、防衛省では、まず、その艦艇に対して命名を実施し(命名式)、その後、会社側が進水式を実施します。

令和元年度計画護衛艦「のしろ」

 令和3年6月22日(火)三菱重工業株式会社 長崎造船所において、令和元年度計画護衛艦「のしろ」の命名式・進水式が行われました。

艦名「のしろ」の由来

 護衛艦の名称は、「天象、気象、山岳、河川、地方の名」を付与することが標準とされています。  本艦は、海上自衛隊の部内から募集し、防衛大臣が決定しました。
 「のしろ」は秋田県の能代川に由来した名前となります。

概要

艦番号
基準排水量 3,900トン
全長、全幅、深さ、喫水 133.0m、16.3m、9.0m、4.7m
機関形式 CODAG(2軸)
馬力 70,000PS
主要装備 62口径5インチ砲 1基
SeaRAM 1基
遠隔管制機関銃 2基
VDS、TASS 1式
対機雷戦用ソーナー 1式
UUV 1艇
USV 1機
簡易型機雷敷設装置 1式
哨戒ヘリコプター 1機
VLS装置 1式など
乗員 約90名

就役予定

令和4年(2022年)

写真で見る護衛艦「のしろ」の命名式・進水式