協議・懇談

日加幕僚協議

 令和元年12月16日、海上幕僚監部及びカナダ海軍司令部の幕僚協議が、防衛省(東京)において行われました。カナダ海軍からは副司令官のサザランド少将が来日し、海幕防衛部長との間で様々な議題について率直な意見交換を実施しました。
 翌17日は部隊研修等を実施したほか、カナダ海軍の主催で、英連邦戦死者墓地(横浜市保土ヶ谷区)にて献花が行われました。本協議を通じ、日加海軍種間の連携強化の方向性を確認するとともに、更なる友好関係を築くことができました。
 なお、英連邦戦死者墓地は、戦後英連邦諸国の戦死者墓地として作られ、現在までに2000名以上の方が埋葬されています。横浜には他にも、ペリー提督来航に伴い作られた横浜外国人墓地(中区)がありますが、こうした設立の経緯から、両墓地は開国と戦後という日本の歴史における大きな転換点を象徴する墓地である、ともいわれています。

懇談の様子

日米英3か国幕僚協議

 令和元年5月31日、海上幕僚監部、米海軍作戦本部及び英海軍本部の部長級協議が、防衛省(東京)において行われました。多様な議題について率直な意見交換を実施し、日米英海軍種間の相互運用性を強化することで一致するとともに、更なる友好関係を築くことができました。

懇談の様子

 

日米高官による懇談

 平成31年4月18日、海上幕僚監部防衛部長と米海軍作戦本部作戦計画部長間の懇談が、防衛省(東京)において行われました。多様な議題について率直な意見交換を実施し、日米海軍種間の相互運用性を強化することで一致するとともに、更なる友好関係を築くことができました。

懇談の様子

   

日米幕僚協議

 平成31年4月8日~9日、海上幕僚監部と米太平洋艦隊司令部の部長級協議が、防衛省(東京)において行われました。多様な議題について率直な意見交換を実施し、日米海軍種間の相互運用性を強化することで一致するとともに、更なる友好関係を築くことができました。

協議の様子