海上自衛隊幹部学校

交通案内 | リンク | サイトマップ | English

HOME / 令和元年度シンポジウム

 自衛隊観艦式付帯広報行事
シンポジウム

 シンポジウムについて
   このシンポジウムは、重要性を増すグローバルな海洋安全保障をめぐるさまざまな問題について、内外の有識者や実務家による議論を通じ、国民の理解を高めるということを目的として、笹川平和財団海洋政策研究所との共催により、自衛隊観艦式に合わせて実施しており、2009年の第1回開催以来、今回で4回目を迎えることができました。
   今回のシンポジウムでは、海洋安全保障について考える一環として、「21世紀におけるシーパワーの在り方~インド太平洋における国際協調を中心として~」をテーマとし、河野克俊前統合幕僚長による基調講演をはじめ、森本敏元防衛大臣をモデレータとして活発な議論が行われました。


   また、より多くの皆様にご来場いただけるよう、シンポジウム会場を護衛艦の艦内から初めて陸上の施設へ移しました。当日は、実に246名の皆様にお越しいただくことができました。これは、前回までに比べて倍近い数になります。さらに、新たな時代を担う若い世代の皆様に海洋安全保障について考えていただきたく、大学生をはじめとする若い方々を中心にお声かけさせていただきました。同時に、インターネットを通じて公募のご案内を行い、広く皆様にご参加いただけるように致しました。


   限られた時間ながら、パネリストとの質疑応答では率直かつ旺盛な議論が行われ、海洋を巡る問題についての皆様のご関心の高さをうかがい知ることができました。自由で開かれたインド太平洋というビジョンを踏まえた海上自衛隊の取組についてのご理解や海洋安全保障を含むわが国の海洋政策への興味・関心を深めていただく機会に貢献できたものと、感謝致しております。
   当日の模様を記録した動画を近日中に掲載する予定です。議論の詳細については、どうぞそちらをご覧ください。


 令和元年度自衛隊観艦式付帯広報行事 海洋安全保障シンポジウム
   テーマ: 21世紀におけるシーパワーの在り方
      ~インド太平洋における国際協調を中心として~

   約3時間に及ぶシンポジウムでは、まず、河野克俊氏による基調講演、同氏への質疑応答が行われました。その後、各討議者からテーマに沿った発表があり、森本氏をモデレータとした討議に移りました。討議では会場からの質問にも答える形で活発な議論が行われました。
   当日の模様を記録した動画を近日中に掲載する予定です。議論の詳細については、どうぞそちらをご覧ください。

基調講演
前統合幕僚長 河野 克俊 氏

   海上自衛隊の創設期からの歴史をひも解き、変化する国際環境に適した安全保障政策、海上自衛隊の任務について講演をいただきました。



モデレータ
元防衛大臣(拓殖大学総長) 森本 敏 氏

   日、米、豪、印それぞれの視点から見たインド太平洋地域の安全保障環境や、同地域における多国間協力の在り方について、活発な議論を促進していただきました。



討論者
笹川平和財団海洋政策研究所長 角南 篤 氏

   「現代のシーパワーと海洋安全保障」と題し、ポスト冷戦期の国際秩序と日本の安全保障政策の変遷、「自由で開かれたインド太平洋」ビジョン等について解説されました。



豪国立大国家安全保障カレッジ上級研究員 デイヴィッド・ブリュースター 氏

   「インド太平洋地域における戦略的環境の発展」と題し、一体化する太平洋とインド洋、大国間の優位性の相対的変化、地域における協力の可能性について言及されました。



印ヴィヴェーカーナンダ国際財団評議員 カンワル・シバル 氏

   「インド太平洋地域における国際協力」と題し、「インド太平洋地域」という概念は国際社会による認知の途上と評価したうえで、同地域におけるインドの位置づけや関与について説明されました。



海上自衛隊第1護衛隊群司令 江川 宏 海将補

   「海上自衛隊の担うべき任務」と題し、「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」の重要性と、それを踏まえた海上自衛隊の活動実績について紹介されました。



米海軍第74任務部隊指揮官 ジェームス・ピッツ 海軍少将

   インド太平洋地域が国際的な法秩序のもと自由かつ安全であることの価値を踏まえ、域内での米海軍の活動や関係各国との協力について、米国の安全保障に関する戦略との関連も含めて説明されました。



 シンポジウムの概要
   シンポジウム全体の概要については、こちらをご覧ください(外部ページにリンクします)。


 

 


 シンポジウムの動画はこちら
   シンポジウムの動画について、近日中に掲載する予定です。掲載まで今しばらくお待ちください。

No動 画 タ イ ト ル再生時間
1開会あいさつ
パネリスト紹介
分 秒
2基調講演分 秒
3パネリストの発表①(角南 篤 氏)分 秒
4パネリストの発表②(デイヴィッド・ブリュースター氏)分 秒
5パネリストの発表③(カンワル・シバル氏)分 秒
6パネリストの発表④(江川 宏 海将補)分 秒
7パネリストの発表⑤(ジェームス・ピッツ海軍少将)分 秒
8討 議分 秒
9閉式の辞分 秒