海上自衛隊幹部学校

交通案内 | リンク | サイトマップ | English

HOME / 海外留学生便り / 里見3佐

 留学制度

韓国合同軍事大学校

3等海佐 里見 幸恭

 

(学校概要)
   私は、現在、大韓民国のほぼ中央に位置する大田広域市に所在する合同軍事大学校の合同基本正規課程に留学しています。課程期間は平成28年1月から平成28年12月までの約1年です。海上自衛隊としては合同軍事大学校の前身である海軍大学の時代から毎年留学生を派遣しており、私は20代目になります。
   合同軍事大学校は、わが国における自衛隊幹部学校に相当し、合同基本正規課程が指揮幕僚課程に当たり、韓国の陸海空軍士官及び各国陸海空軍の留学生(中佐から大尉)に対する統合教育を行っています。2011年12月にそれまで各軍所属であった陸海空軍大学を統合し、国防部直轄機関として創設されました。校名にある「合同」とは日本における「統合」であり、統合教育に重点を置いているのが特徴です。合同軍事大学校には、年間を通じていくつもの課程が存在しますが、私を含めた外国人将校は合同基本正規課程を履修しており、この課程が合同軍事大学校の主たる課程と言えます。
   合同基本正規課程の主たる目的は、戦術部隊の指揮官/参謀の育成、自軍(海軍)作戦計画作成/遂行の専門家の育成、他軍(陸空軍)作戦計画/教理/武器体系の熟知、統合/連合作戦遂行能力の体得、統合性と連携した国防政策及び国防企画体系への理解です。現在の合同基本正規課程は第5期目であり、従来の海軍に対する勉強を基本として、「合同(統合)」という要素を非常に重要視して教育が行われています。

【合同軍事大学校:向かって右から6番目、上段最左翼が筆者】

(教育内容等)
   本課程は48週のカリキュラムで構成されており、大きく共通統合、自軍教育、統合教育の3つのセクションに分けることができます。共通統合は戦時における統合の基本概念の理解と研修による他軍の現状の体験を、自軍教育は自軍についての作戦及び戦術の専門家の育成を、統合教育は情勢に応じた統合及び連合作戦遂行能力の育成をそれぞれ目的としています。共通統合及び統合教育は陸海空軍将校混成のグループで行われ、自軍教育は海軍及び海兵隊に別れて行われます。
   教育方法は、40名程度のグループで講義を受け、個人またはグループでの課題作成、15名程度のグループでのセミナー形式の発表及び討議という構成を基本として実施され、外国人将校も韓国人将校に交じって同じ教育を受けますが、課目及び教育内容によっては、外国人将校のみで班を編成する場合もあります。
   教官は大佐、中佐クラスの現役武官、退役後軍務員として勤務している教授、さらに国家安全保障機関等の専門家等であり、それらの教官がまず、それぞれの項目に対して講義を行います。その後、個人研究又は討議を中心としたグループ研究を行い、研究成果を発表し、その成果について全体で討議が行われます。教務は、討議に重点が置かれているのが特徴であり、討議を通じて学生将校間で知識を共有するとともに、理解を深めることが狙いとなっています。

   日々の教務は、概ね以下のようなスケジュールで実施されています。

授業の流れ(一例)
時 間 1日目 2日目
0840-1210 講 義 研究成果発表及び討議
1210-1350 昼食等 昼食等
1350-1730 グループ研究、課題作成 研究成果発表及び討議
1730- 個人研究等 個人研究等

(外国人将校等)
   本課程の学生将校数は、陸軍198名(外国人将校16名を含む)、海軍(海兵隊を含む)47名(同15名)、空軍68名(同12名)です。このうち外国人将校については24ヶ国から43名が留学にきており、細部は以下のとおりです。また、年間を通じて、各種の行事や家族帯同の研修等が計画されます。外国人将校とその家族には、韓国に対する特別の親しみを感じてもらいたいという学校側の強い意気込みが感じられます。
   また、外国人将校1人に対して円滑な学生生活のために3人(民間、教官、学生)のスポンサーが付き、公私両面においてサポートしてくれます。

派遣国 人 数 内 訳
バーレーン 1
バングラデシュ 1
ブラジル 2 陸・空
カンボジア 2 陸・海
コロンビア 1
エジプト 2 陸・空
インドネシア 3 陸・海・空
イラク 1
日 本 2 海・空
キルギスタン 1
マレーシア 2 海・空
メキシコ 1
モンゴル 2 陸・空
ミャンマー 3 陸・海・空
パキスタン 1
ペルー 2 海・空
フィリピン 3 陸・海・空
サウジアラビア 1
スリランカ 1
タイ 3 陸・海・空
トルコ 2 陸・空
アメリカ 3 海・空・海兵隊
ウズベキスタン 1
ベトナム 1

【合同軍事大学外国人将校】

   また、外国人将校同士はとても仲が良く、自国を出て韓国で母国語以外の言語を用いながら共に学ぶ同志として、公私ともに深い付き合いをしています。世界各国から集まった彼らと話をしながら、文化や宗教、自国防衛における脅威の違い等からくる考え方の違い、歴史観、日本への感心の違い等、多くのことを気づかされ、彼らとの付き合いを通して学ぶことも多いです。

(所 感)
   ここ数年の日本と韓国の関係は冷え切った状態にありましたが、少しずつ関係改善の兆しが見えてきている状況です。日韓両国のメディアから得られる情報では一部の過激な人達の行動を象徴的に取り上げやすい傾向があるため、メディアの情報だけをみると関係改善は程遠いように感じてしまう部分もあるかもしれません。私も韓国に入国するまでは、そのような報道等でしか韓国という国を知らなかったので、少なからず心配していました。しかし、実際に現地に来てみると、同僚の学生達は同期として暖かく迎え入れてくれ、私の心配が杞憂であったことを知りました。また、立場の違いや日韓間に残る問題はあるものの、多くの韓国人将校が日韓関係は重要であり、関係改善していくことが必要であると考えていると感じました。一方、彼らも入国前の私と同様に、日本人に対して韓国のメディアを通してしか知らなかった人も多く、実際に日本人と会って話をし、今まで日本人に対して抱いていたイメージが変わったという人もいました。「里見と会って日本人に対するイメージが変わったよ」と直接言われたときは、私がここに来た意味も少しはあったのかなと嬉しく感じました。
   日本と韓国は「近くて遠い国」と言われるように、イメージが先行し、実際にはよく知らないという人が多いと思います。そのような複雑な関係であるからこそ、メディアを通じた知識だけでなく、実際に訪れて、交流することの重要性を学びました。また、20年に渡って続く留学制度の意義の一つはここにあるのだとも感じています。本学校で学ぶ残りの期間、知識見分を深めることは勿論のこと、お互いの理解を深めていけるように引き続き精進します。