海上自衛隊幹部学校

交通案内 | リンク | サイトマップ |  English

HOME / 戦略研究会 / トピックス / トピックス066

 戦略研究会

   海上自衛隊幹部学校職員らによる慶應義塾大学授業「国家と防衛」今年も開講

(トピックス066 2019/04/25)

*******

   2019年4月、慶應義塾大学総合政策学部(SFC:湘南藤沢キャンパス)において、海上自衛隊幹部学校職員らによる授業「国家と防衛」が今年も始まりました。
   この授業は、慶應義塾大学からの依頼により、2016年から毎年春学期に開講されているもので、今年で4回目です。例年、4月上旬から7月下旬まで、計15回の授業が行われています。
   授業は、海上自衛隊幹部学校「戦略研究会」役員らを中心に、複数の海上自衛官がオムニバス方式で行っています。今期は、同大学から委嘱され非常勤講師を兼業する以下の海上自衛官5名が授業を行います。


   ・海上自衛隊幹部学校 戦略研究室長(戦略研究会幹事)
政策・メディア博士 1等海佐 北川敬三

   ・海上自衛隊幹部学校 国際計画班長(戦略研究会事務局長) 
政策・メディア修士 1等海佐 平尾智明

   ・海上自衛隊幹部学校 戦略研究室(戦略研究会編集委員長) 
学術博士 2等海佐 八木直人

   ・海上自衛隊幹部学校 戦略研究室(戦略研究会編集委員) 
国際政治学修士 2等海佐 石原敬浩

   ・内閣府総合海洋政策推進事務局 参事官補佐 
国際関係論博士 2等海佐 後瀉桂太郎

   4月10日(水)の第1回授業では、平尾1佐と石原2佐が出講し、自己紹介やガイダンスを行った後、石原2佐が「国家と戦争」をテーマに講義を行いました。湘南藤沢キャンパスで2番目に大きい約390人収容可能な教室は、多くの学生の熱気で埋まり、講義に引き続き活発な質疑応答が行われました。