幹部候補生学校→ニュース・イベント→護衛艦実習

護衛艦実習(1月21日〜28日)

護衛艦実習は、護衛艦に乗艦し、実習や見学等を通じてその勤務の概要を理解するために行なわれます。
候補生は1月21日(土)〜1月28日(土)の間、第2護衛隊群司令指揮の下、護衛艦「あしがら」「ちょうかい」「くらま」「まつゆき」「いそゆき」「せとぎり」の6艦に分かれて乗り組み、呉〜四国沖〜明石海峡〜呉の航程で実習を行ないました。
卒業後の練習艦隊での近海練習航海前の実習であり候補生は緊張した面持ちで、真剣に取り組みました。
精強な護衛艦で働く乗員から直に訓練を受け、その厳しさや大変さを肌で感じることが出来ました。

戦術運動で一生懸命操艦をする候補生とそれを補佐する候補生

「ましゅう」との洋上補給

瀬戸内海航行中高松沖で「流し樽」を奉納し、金刀比羅宮(こんぴらさん)に代参し、海上交通安全を祈願しました。

食堂では乗員とともに食事をし、夕刻は事後研究会等を行いました。

退艦時は6艦乗員総員での盛大な帽振れによる見送りを受けました。

ページトップ