「海上自衛隊の日」を迎えるに際してのメッセージ


舞鶴地方隊HPをご覧の皆様、こんにちは。舞鶴地方総監の伊藤です。日ごろ海上自衛隊の活動にご理解そしてご支援をいただき、誠にありがとうございます。

 さて、まもなく4月26日を迎えます。この日は、海上自衛隊の創設経緯をよく認識し、海自の歴史を振り返る機会とすることを目的に平成25年(2013年)に制定された「海上自衛隊の日」です。

我々海自の先達である帝国海軍は太平洋戦争の終結に伴い、昭和20年 (1945年)11月30日に廃止されました。その後、主として朝鮮半島からの不法入国者によるコレラの大量発生、朝鮮戦争の勃発などを受け、日本海軍再建に向けた動きが静かに加速されました。この再建の動きは東西冷戦という当時の情勢下、米国からの安全保障上の要請によるところもありましたが、帝国海軍指導層が海軍再建への思いをしっかりと繋いできたゆえの流れでもありました。

その結果、 昭和27年(1952年)4月26日、海上保安庁の外局として「海上警備隊」が発足し、これが爾後、「保安庁警備隊」を経て、昭和29年 (1954年)7月1日「防衛庁海上自衛隊」へ発展していくこととなりました。

それから60有余年を経て、今年我々の所在する舞鶴は帝国海軍鎮守府開庁120周年の節目の年を迎えています。そして、その帝国海軍77年の悠久の歴史を引き継いだ海上自衛隊、そして我々舞鶴地方隊はともに来年創設70年を迎えようとしています。我々は帝国海軍、そして海自の諸先輩方が築かれた良き“伝統を継承”し、より素晴らしい海上自衛隊を後進に繋いでいかねばなりません。



一方、我が国が既に足を踏み入れている人口減少社会、そして激変する我が国を取り巻く安全保障環境を念頭に置けば、海自が帝国海軍の歴史を超える令和10年代には、今の我々が予想もつかない社会経済状態になっていることも否定出来ません。その時になって次世代の隊員が残念な思いをしないように、我々は先手を打たねばなりません。加えてこのコロナ禍にあるがゆえ、今を生きる我々は、”変化を恐れず“、”変化に遅れず“、変化を先取りし、”変化に挑戦“し続けていくことが求められている、そのように改めて強く感じています。

令和3年のこの春、我々は目に見えないウィルスという敵との戦いの2年目に入りました。今を生きる我々は全力でこの見えない敵を抑え込む必要がありますが、情勢の変化に一喜一憂してはなりません。今少し時間を要することにはなるでしょうが人類は必ずこの禍を克服します。

現情勢下、昨年に引き続き例年どおりのゴールデンウィーク、リフレッシュウィークとすることは叶いませんが、海上自衛隊・舞鶴地方隊への変わらぬご支援・ご協力をお願い申し上げますとともに、皆様の健康を祈念しまして、「海上自衛隊の日」を迎えるにあたっての私からのメッセージと致します。

令和3年4月23日                  
海上自衛隊舞鶴地方総監