ギャラリー

 日米小規模基礎訓練

 3月8日、P-3C、UP-3D、OP-3Cは、三陸沖において米海軍EA-18Gとともに日米小規模基礎訓練を実施しました。 今回の訓練では、日米の航空機が共同による電磁妨害を行いつつ、仮想の艦艇目標への対艦攻撃を実施しました。 本訓練によって、部隊の戦術技量及び米海軍との相互運用性の向上を図るとともに、強固な日米同盟に基づく、抑止力・対処力の強化を図ることができました。