イベント案内

「とわだ」八戸港入港から出港まで

 海上自衛隊八戸航空基地は7月16日(土)から19日(火)までの間、海上自衛隊の補給艦「とわだ」の八戸入港を支援しました。入港歓迎行事において、第1海上補給隊司令は「補給艦は湖の名前を付ける慣例があり、「とわだ」は青森県十和田市にある十和田湖に由来して名付けられました。我々の母港は広島県呉市にありますが、ここ八戸港は第2の母港のように感じています。」と、親しみを込めた挨拶を行いました。また、艦名の由来となった同市からは西村雅博副市長が来艦し、インド洋等で活躍する「とわだ」の説明を受けるなど、交流を深めました。3日間にわたる一般公開は時折雨が降る天気でしたが、約2000名の方が来場しました。

入港・一般公開の様子