トップページ第3護衛隊群について→ふゆづき

ふゆづき

艦長ご挨拶

艦長 2等海佐 大瀬 光一郎 歳  茨城県出身

 令和2年7月31日付で「ふゆづき」第6代艦長を拝命しました大瀬2佐です。
 装備品は人が適切に扱って、はじめてその能力を発揮させることができます。
 護衛艦「ふゆづき」は装備品としての姿形だけではなく、造修や補給などの後方支援に携わる方や我々乗組員が存在してはじめて、「ふゆづき」として活躍することができます。
 国民の皆様方のご期待にお応えできるよう「全体最適」のスローガンの下、乗組員個々の力を磨くとともに、目標の共有を図り、一致団結して任務や日々の訓練に邁進して参ります。
 今後ともご支援のほど、よろしくお願い致します。

歴代艦長

    階 級   氏 名           期 間
 初 代  2等海佐  北御門 裕  平成26年 3月13日〜平成27年12月21日
 2 代  2等海佐  織戸 邦明  平成27年12月22日〜平成29年 5月 9日
 3 代  2等海佐  平野 一照  平成29年 5月10日〜平成30年 7月31日
 4 代  1等海佐  青木 操  平成30年 8月 1日〜令和元年  8月 8日
 5 代  1等海佐  北口 周右  令和元年  8月 9日〜令和2年  7月30日
 6 代  2等海佐  大瀬 光一郎  令和2年  7月31日〜現 在

先任伍長ご挨拶

先任伍長 海曹長 金田 剛 歳 石川県出身

 令和3年4月5日付で第4代護衛艦「ふゆづき」先任伍長に指定されました金田曹長です。本艦も早いもので就役から7年が経過致しました。
 昨今の厳しさを増す不透明な国際情勢の中、日々、警戒監視任務や海外派遣訓練を含む各種訓練等に従事し、我が国の海上防衛という重要な任務に乗員一同、一丸となって邁進しております。
 本艦は、京都府の舞鶴市を母港とするヘリコプター搭載汎用護衛艦です。
 このコロナ禍ではありますが、いつの日か広報等で皆様の街へ入港することがありましたら、乗員一同、心よりお待ちしておりますので、是非、護衛艦「ふゆづき」にご来艦ください。

広報用パンフレット

広報用パンフレットDLはこちら

ページトップ