トップページ第5護衛隊→あきづき

あきづき

「あきづき」ご紹介

基準排水量 5000t
全長 151m
全幅 18.3m
喫水 5.4m
主機械 ガスタービン4基2軸
馬力 64000PS
速力 30kt
主要兵装 54口径127o単装速射砲
  垂直発射装置一式
  高性能20o機関砲×2
  3連装短魚雷発射管×2
  SSM装置一式
  哨戒ヘリコプター×1
定員 200名

艦長ご挨拶

<2等海佐 那須 靖司>


 平成30年5月10日に第5代「あきづき」艦長を拝命した那須です。
 「あきづき」は、帝國海軍の駆逐艦「秋月」にその名を冠して以来、先代の護衛艦「あきづき」を経て、常にネームシップ、1番艦として、その栄えある艦名を継承した艦であり、国産の最新技術を結集した汎用護衛艦です。
  艦長就任にあたり、「持ち場を守れ」を指導方針に掲げました。
  各乗員がそれぞれの持ち場において与えられた責務を果たし、国民の生命と財産を守るべく日々精進してまいります。
  引き続き変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願いします。

先任伍長ご挨拶

<先任伍長 海曹長 松本 清人>


 皆さんこんにちは。平成29年6月「護衛艦あきづき」第4代先任伍長に就任しました。
  「あきづき」は平成24年3月に就役し、7年目を迎えました。「強くしなやかな「あきづき」」を目標として、いかなる任務にも柔軟に対応できる部隊づくりを目指しています。
   各乗員がそれぞれの持ち場において与えられた責務を果たし、国民の生命と財産を守るべく日々精進してまいります。
引き続き変わらぬご指導、ご支援を賜りますようお願いします。

 

今日の出来事

ページトップ