本文へスキップ

JMSDF FLEET AIR WING 22

TEL. 0957-52-3131

〒856-8585 長崎県大村市今津町10番地

第22航空群の紹介COMPANY

沿革

昭和30年 3月
鹿屋第2航空隊設立
昭和31年 3月
大村航空隊派遣隊 大村着(約20名)
昭和31年12月
大村航空隊開隊(鹿屋第2航空隊を改称)
昭和51年 3月
第1飛行隊解隊に伴う部隊改編
昭和62年12月
第22航空群新編、航空集団に編入
大村航空隊改編
平成20年 3月
第22航空群改編(第22・72・24航空隊新編)

歴代所属航空機

哨戒用水陸両用機 PBY


連絡機 SNB


救難用水陸両用機 JRF


救難用水陸両用試験機 UF−XS


救難用水陸両用機 UF−2


哨戒用ヘリコプター HSS−1


哨戒用ヘリコプター HSS−2


連絡機 B−65


主要装備品

哨戒ヘリコプター SH−60J


哨戒ヘリコプター SH−60K


救難ヘリコプター UH−60J

スコードロンマークの紹介
スコードロン(部隊識別)マークは、光り輝く稲妻の中を飛翔する2頭の龍をイメージしており、長崎の伝統芸能である龍踊りと部隊の数字「22」を表しています。また、龍は他部隊でもスコードロン(部隊識別)マークとして愛用されています。

      

日本一敬礼のできる部隊
22空群においては、平成26年9月から「日本一敬礼のできる部隊」(群先任伍長(当時)発案)をスローガンとし、服務規律の維持及び明るく風通しの良い隊風を育んで参りました。平成30年9月からは、「挨拶」を交わすことによる隊員間の団結の強化を目標に加え、「日本一立派な敬礼、挨拶ができる部隊」に改められました。このスローガンには、「礼に始まり礼に終わる」武人としての心、自衛官としての心を持ち、服務事故の無い、精強な部隊を維持していく我々の決意が込められています。

      
     

バナースペース

海上自衛隊 第22航空群

〒856-8585
長崎県大村市今津町10番地

TEL 0957-52-3131(内線242)