統合幕僚監部について

報道官  海将補  小峯 雅登 (こみね まさと)

海将補 小峯 雅登

海将補 小峯 雅登

プロフィール

  • 宮崎大学卒業

経 歴


平成元年3月
海上自衛隊入隊
鹿屋、厚木航空基地を中心に勤務。
外務省中東アフリカ局出向 第3飛行隊長
統合幕僚監部情報保証班長、自衛艦隊司令部幕僚を経て
平成23年8月
海上幕僚監部防衛課防衛調整官
平成24年7月
第1航空隊司令
平成25年8月
統合幕僚監部防衛計画部防衛課長
平成27年8月
第4航空群司令部首席幕僚
平成28年03月
第2航空群司令
平成30年03月
呉地方総監部幕僚長
平成31年03月
海上幕僚監部監察官
令和03年09月
現 職

報道官ご挨拶

 初夏の候、平素から自衛隊の活動に深いご理解を賜り厚く御礼を申し上げます。
 
 5月16日から19日までの間、統合幕僚長山崎幸二陸将は、ベルギー王国を訪問し、19日に行われた北大西洋条約機構(NATO)軍事委員会が開催するNATO参謀長会議「アジア太平洋セッション」に参加しました。統合幕僚長がNATO参謀長会議に参加するのは初めてのことです。
 「アジア太平洋セッション」では、同じくアジアパートナーとして参加したオーストラリア、ニュージーランド及び韓国とともに4ヵ国の代表がショートステートメントを発表し、NATO加盟国の各国代表とインド太平洋地域等における安全保障環境について意見交換を行いました。
 統合幕僚長は、ショートステートメントにおいて、ロシアによるウクライナ侵略が、欧州のみならず日本を含む国際社会の共通の課題であり、力による一方的な現状変更は、いかなる地域においても断じて許してはならないと発言するとともに、現在のインド太平洋地域の情勢を説明しつつ、欧州諸国によるインド太平洋地域の平和と安定への関与を歓迎していることを強調しました。
 
 本ホームページでは、統合幕僚長の海外出張について公表を行っております。また、各SNSでは、出張中の各国との交流についても投稿しておりますので、ぜひご覧ください。
 
 今後とも、自衛隊の活動にご理解ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。